読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かきあげ家族

かきあげ家族

かきあげ家族

作家
中島たい子
出版社
光文社
発売日
2020-08-18
ISBN
9784334913649
amazonで購入する

かきあげ家族 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。中島 たい子、初読です。タイトルから料理や食べ物屋に関する小説かと思いきや、映画監督一家人情喜劇でした。故黒澤明監督へのオマージュ作品でもあります。中途半端なラストなので、続編もあるのでしょうか?

2020/09/14

fwhd8325

懐かしい世界でした。青春時代に見たたくさんの映画タイトルに「あの頃よかったなぁ」なんて想いながら楽しい読書でした。設定は現代的ではあるけれど、ストーリーは、まさしく昭和。昭和のホームドラマのようです。こういう喜劇を演出する人も演じられる芸人さんもいなくなってしまったようです。こうして小説の世界だけでも楽しませてもらえるのはうれしいですね。

2021/01/10

モルク

引退も考えている映画監督八郎と元女優の妻、そして引きこもりの次男の住む家に、長男が仕事をやめ家族を置いて戻ってくる。そして長女(?)も離婚し息子を連れて帰ってきた。家族と向き合うことのなかった八郎は浮いてしまう。世界の黒川と呼ばれた巨匠の監督の遺稿により家族のドタバタからのほっこり。引きこもりやLGBTについてもあたたかい目で捉えている。ちゃらんぽらんのようで、それも個性!自分がやりたいように生きてごらんという八郎の想いが溢れている。孫の吾郎君が潤滑油の存在。

2021/01/13

よつば

どこにでもいそうな家族の話は多々あれど、日本中どこ探してもいなさそうな強烈家族の爆笑ストーリー。主人公はスランプ中の老映画監督・中井戸八郎。元女優の百合子を妻に持ち家には引き籠りの次男が同居中。そこへ仕事を辞めて戻って来た長男、離婚し孫を連れて出戻った長女と、その後の波乱を予感させる展開なのだが。だが笑える。ちょいちょい挟まれるサブイダジャレに、ボケとツッコミ、思わず噴出す事数回、ニヤニヤが止まらない。『みんなちがって、みんないい』なんて言葉を頭に想い浮かべながら、このてんこ盛りのかきあげ家族を楽しんだ。

2020/09/03

みかん🍊

コメディ映画監督八郎69歳、元女優の妻とひきこもり次男と暮らしているが、監督を降ろされて落ち込んでいる所に孫を連れて離婚してきた娘と家出してきた長男、何年もなかった家族全員集合に今まで映画の事しか考えていなかった八郎だったが改めて家族と向き合うドタバタ劇、超普通じゃない人達だが個性的で面白い面々、家族っていうのはかき揚げの様に衣に隠れていて本質はなかなか分からないやっかいな物である。初読みの作家さんだったが面白かったので他の作品も読んでみたい。

2020/09/25

感想・レビューをもっと見る