読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヘーゼルの密書

ヘーゼルの密書

ヘーゼルの密書

作家
上田早夕里
出版社
光文社
発売日
2021-01-19
ISBN
9784334913823
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヘーゼルの密書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

直木賞候補作、『破壊の王』に続いて、上田 早夕里、2作目です。開戦前夜の和平交渉の物語、歴史ノンフィクションのような雰囲気でした。本書の時代は、船戸与一の『満州国演義』や浅田次郎の「蒼穹の昴」シリーズ等で描かれていますが、それらの秀作と比べると、どうしても見劣りしてしまいます。 https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334913823 3月は、本書で読了です。

2021/03/31

のぶ

上田さんの作品を初めて読んだ。今までSF作家というイメージがあり敬遠していたためだが、タイトルを見て読んでみたくなった。骨太で重厚な物語だった。日中戦争の和平工作を描いた話だが、あまりこの戦争について知る事がなく、興味深く読ませてもらった。自分はスパイ小説が苦手なので、その部分については分かり難い部分もあったが、良くできた本だと思った。主人公にあたる今井武夫は実在の人物のようで、史実として日中戦争の和平は実現しなかったが、獅子奮迅の活躍で、政治の世界で戦争を終わらせることの難しさを感じさせられた。

2021/02/08

BECHA☆

1931年上海。商社勤務の父を持つスミは幼い頃より日中双方で暮らし、自然と両方の言葉を身に付け、成人した今は共同租界の語学教室で教師として働いていた。日本人と中国人の対立が激化し始め、教室帰りの生徒を送り届ける途中暴徒と遭遇してしまったスミ達は九死に一生を得る。それでも上海に残る決意をしたスミは、仕事を続けるうちに内密の和平交渉団の一員としてスカウトされる。 流石に歴史オンチの私でもこの交渉が成立しているはずはないと判っていて、それでも頁をめくる手が止まらなかった。和平交渉の乱立が却って中国側の不審を招き

2021/03/14

yhirose254

『この男の言葉は、自分の不安をすべて消してくれる。日本と日本人は素晴らしいと、迷うことなく断言してくれる。いまの時代、誰もがそれを求めているのではないか。・・・僕らは日本という国を認めてくれる者を求めている。狂おしいまでに。(p157)』前作、「破滅の王」の匂いが色濃く良くも悪くもその印象に引きずられる。上田早夕里さんは30年代上海文学(なんてのを)を作り出すかもしれないが、今日本がいつか来た道にいるように思うのはこの本のせいばかりではない。

2021/03/03

たくろー

第二次大戦前夜の上海が舞台、幻の日中和平交渉を巡る歴史長編。激動の時代を必死に駆け抜ける、スミさんをはじめとする登場人物がみんな魅力的だった。史実を基にしているのでもちろん戦争の方向へ舵は切られていくが、なぜかさわやかな読後感で非常におもしろかった。それと「破滅の王」との微妙なリンクがちょっとうれしい。

2021/04/18

感想・レビューをもっと見る