読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

前夜

前夜

前夜

作家
森晶麿
出版社
光文社
発売日
2021-03-24
ISBN
9784334913946
amazonで購入する Kindle版を購入する

前夜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

オーウェン

密室で殺された映画スターの比留間稔流。 弟の真斗は第1発見者であるが、兄から聞いていた自分たちは蛭鬼と呼ばれる吸血鬼であるという言葉。 ミステリではあるが、そこにヴァンパイアという付属が付くことで状況が変わってくる。 兄の代わりに俳優となっていく真斗。 そして周囲には稔流に関わっていた人間たちが真斗に接近してくる。 犯人が誰という謎はそれほど捻ったものではないが、兄弟の関係がラストに一歩進ませようとする意気込みを感じられる終わり方だった。

2021/06/02

ヒデミン@もも

森晶麿さん、初読みならず。途中挫折。

2021/09/24

ふう

本格ミステリとしても幻想小説としても青春小説としてもかなりイマイチ。なぜか独りよがりな感じがして最後まで入り込めず。3.11もとってつけたような気がして、あーそうなんだ、ふーんって読後感。このラスト切ないか?これで勇気もらえるほどピュアな読者は少ないんじゃないかなあ。色んな要素が詰め込みすぎてどれも中途半端なのかも…少なくとも私にはそうだった。

2021/04/10

もぐ

図書館本。好きな作者さん。本作はイマイチハマれなかった。認知&言語機能に障害がある少年が徐々に自我と世界を認識して青年になる。少しずつ明瞭になっていく彼の目を通して、死んだ父の日記、吸血鬼、兄の生死、自身と兄の出自、自分達はヒトか吸血鬼か、それらの謎が紡がれ、解かれていく話。どこまでが妄想か、現実か、読み手には最後まで分からない。マイノリティや弱者についても一つの主題ではあるのだろうけど、うーむ。あとは、作中で主人公が主役を演じる映画の内容がなんともベタにチープで、えぇっ!?ってなった。

2021/12/19

まつどの理系こうし(まりこ)

「蛭鬼」という名のヴァンパイアの出生、兄の死にまつわるミステリ。わりとシンプルな作りで話が追いやすかった反面、森さんっぽい終盤に前提から全部散らかす様な終わり方でもないので、物足りなさもあり、な感じでした。

2022/01/24

感想・レビューをもっと見る