読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミステリー・オーバードーズ

ミステリー・オーバードーズ

ミステリー・オーバードーズ

作家
白井智之
出版社
光文社
発売日
2021-05-25
ISBN
9784334914011
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミステリー・オーバードーズ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

白井 智之は、新作中心に読んでいる作家です。著者らしいエロ・グロ短編集、オススメは、『げろがげり、げりがげ』&『隣の部屋の女』です。 https://honsuki.jp/pickup/46919.html 【読メエロ部】

2021/07/03

buchipanda3

相変わらずの異色本格ミステリ短編集。光文社は著者にもう自分の思う通りに何でも書いちゃって下さいとか言っているのではないかと思わせるウゲゲな中身だった。ただやっぱりロジカルな推理展開は流石で、アンモラルさとシニカルなもの哀しさと相まって他では味わえない特異な味に昇華されている。誰にでもおススメはできないけど。「げろがげり…」は想像力をオフにするのが吉。特殊設定の用い方はらしさ一杯で合点。「ちびまん…」は既読だったが記憶を拒否していたので新鮮に読めた。「ディティクティブ…」はあの特殊推理合戦から圧巻の帰結。

2021/06/02

カノコ

『食』をテーマにしたミステリ短編集。白井智之が食!?と思った方たちご安心召されよ、安心の白井クオリティで、食欲減退悪心嘔吐間違いなしの作品も収録されている。とはいえ、推理のロジックは相変わらず端正すぎるほど。お気に入りは、最低最悪なパラレルワールド「げろがげり、げりがげろ」(タイトルどうなってんねん)。あまりの品のなさに声を出して笑ったが、トリック自体はなるほどと思わされる(思うな)。非常に真っ当な設定の「グルメ探偵が消えた」の結末も中々まともに怖い。白井ワールドを存分に堪能、オーバードーズできる作品集。

2021/07/24

geshi

『グルメ探偵が消えた』アメリカ探偵小説のラインを踏みつつ死体が太っていた謎に悪意ある捻りを加える。『げろがげり、げりがげろ』アホみたいなトリック成立させるための異世界転生設定かよ。ラストが何故がグッときてしまった。『隣の部屋の女』食事描写が!関係性にも罠を仕込む毒薬のようなサプライズ。『ちびまんとジャンボ』THE白井作品らしい倫理観ぶち壊れのなかで通る推理とホワイダニット。『ディティクティブ・オーバードーズ』幻覚と狂気の論理に丸め込まれて納得してしまうと最後にぶん投げられる。

2021/07/24

よしぱん

★2 ゲロミス?ゲリミス?ラリミス?いちおう食がテーマのミステリだけど、美味しそう!とは真逆な5編。探偵が太らされて殺された理由→口と尻が逆転した世界へ転生→消えた隣人が食べたもの→フナムシ早食い大会での殺人→LSD幻覚による推理4本のうち非幻覚が犯人。ぶっ飛び設定はステキだったのだけど、本格ミステリすぎて(?)何だか数式を読んでいる気分になってしまった。すんません。。

2021/08/03

感想・レビューをもっと見る