読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レオノーラの卵 日高トモキチ小説集

レオノーラの卵 日高トモキチ小説集

レオノーラの卵 日高トモキチ小説集

作家
日高トモキチ
出版社
光文社
発売日
2021-05-25
ISBN
9784334914035
amazonで購入する Kindle版を購入する

レオノーラの卵 日高トモキチ小説集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

びぃごろ

新聞書評で紹介されていた本。摩訶不思議で奇天烈な短編7本。彼女が産んだ卵の父は誰なのかと話し合ったり。動物もブリキ人形もぬいぐるみも分け隔てなく会話し、話は進む。ピーターパンや年を取ったウエンディも登場。話の途中に懐かしワードが差し込まれ、にやっとさせられたり…著者のセンスの良さを感じます。活字体もこの小説にピッタリでした。今までに体験したことがない楽しい空間に放り込まれた。初めての単独小説集ですと。

2021/10/06

Game mountain hermit Garakuta

【図書館本】【速読】:著者、初読みか。面白い短編小説集で、何処にでもありそうな慕情とカンショウを楽しませてくれる内容の本だった。所謂近現代小説。

2021/11/03

timeturner

不思議の国のアリスとベケットの不条理演劇を合体させて、漫画やゲームやお笑いといったサブカル的な要素を混ぜ込み、シュールでキッチュなイメジャリーをぶちこんだ、不思議に面白い異世界だった。

2021/07/01

渡邊利道

どことも知れぬ場所を舞台に、どことなくよく知っているような物語や人物の影、下敷きやオマージュを感じさせるパワフルでカラフルな短編集。どれも弾けていて面白かったが、やはり表題作が一番好きかなー。

2021/07/22

YSHR1980

ありありと想像が広がる幻想風景と、軽やかな語り口の与太話が、類まれないレベルで混じり合う傑作であった。

2021/05/28

感想・レビューをもっと見る