読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

感染捜査

感染捜査

感染捜査

作家
吉川英梨
出版社
光文社
発売日
2021-05-25
ISBN
9784334914059
amazonで購入する Kindle版を購入する

感染捜査 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

狙いは悪くないし感染というのはタイムリーで面白い切り口。東京オリンピック直前。コロナウィルスの代わりにゾンビウィルスが船上でクラスタ化したという設定。ゾンビ化した相手を撃ちまくるアクション作品なのだ。話題としてはabsintheの好みのど真ん中だし、吉川絵里さんは大好きな作家だ。だが…作家にはやはり適性というものがある。終始、セリフの青臭さが気になった。

2021/07/29

タイ子

本作はゾンビVS.海上保安庁と警察の死闘の物語。豪華客船内で起こるゾンビの発生。隔離する船に乗り込む天城由羽巡査、海保の精鋭たち。最初、苦手に感じていた由羽を次第に応援する気持ちになるのは物語の展開とそう思わせる吉川さんの手腕なのかもしれない。ゾンビも元は人間、殺していいのか?殺さなければ殺される。葛藤に次ぐ葛藤。地獄のような光景の中解決はあるのか。原因は何だったのか。コロナ禍の中、命がけで感染者を守るいろんな立場の人たちとも照らし合わせながら読める作品。来栖光のカッコ良さで読み切った感あり。グロいです。

2021/06/20

aquamarine

東京オリンピック目前、クイーン・マム号内で、ウイルスによりゾンビ化した人が人間を喰らう。噛まれれば感染し発症するウイルス…感染捜査として乗り込んだ警察官海上保安官…身を挺して他人を守れたとしても、今度は自分がゾンビ化し加害者となる。ゾンビ化していない人を救うだけでは終わらない、単純なパンデミックものではないのだ。思いがけず当事者となったはねっかえり女警察官由羽と、切れ者で得体のしれない来栖保安官に引っ張られぐいぐい読んだ。最後に明らかになったものには絶句するしかない。ウイルスの変異の怖さを改めて知る…。

2021/07/11

ゆのん

タイトルから推測出来る様に敵は『ウィルス』だ。世界中で蔓延しているコロナが可愛く思える程の最悪なウィルス。立ち向かうは湾岸署の女刑事と海上保安庁のエリート。戦場は海上の豪華客船内。読み始めからグングン惹き込まれるが、その夜に悪夢を見る程のグロさ。絶体絶命の状況の連続。敵はウィルスだけではない。世論、人権、法律、現場を知らない上からの理不尽な命令。そして、仲間愛や家族愛、矜持といった本来美徳とされるものが命を奪う。船内という密室で次々と起こるクラスター。ラストは強固な正義感に涙した。

2021/05/31

さっこ

東京オリンピック開催間近の日本でウイルスが発生。ゾンビ化し人肉を喰らう感染者を豪華客船に閉じ込め、殲滅すべく海保と警察の特殊部隊が送り込まれる。警察官や海保職員は国民の財産と生命を守るという矜持のもと戦いに挑む。ゾンビの前にはあまりにも無力で苦しく悲しい。特殊捜査に当たる彼たちは果たして未来の子供達のために希望を取り戻せるのか。困難の最前線に立ちあがる彼たちに、小説ではあるけれど頭の下がる思いがしました。ただ、最初は主人公の女刑事にどうにも感情移入が出来ずイライラしっぱなしでした。

2021/07/23

感想・レビューをもっと見る