読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それでも君はどこにでも行ける

それでも君はどこにでも行ける

それでも君はどこにでも行ける

作家
堀江貴文
出版社
光文社
発売日
2020-11-17
ISBN
9784334952112
amazonで購入する Kindle版を購入する

それでも君はどこにでも行ける / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たかし

自粛中は本当にどうしようもない。 自分の頭で考えて判断し行動する。

2021/01/03

けへ

コロナ禍の今だからこそ、世界に目を向けてみること。新型コロナによって世界は「閉じた」。しかし決して「閉じ込められた」訳ではない。テクノロジーの進化によって世界はますます近くなり、グローバリズムの波は止まることなくこれからも加速して行くだろう。自分の頭で考え、行動に移すこと。

2020/12/26

田中隼

コロナ禍うんねんというよりも読み物として面白かった。一歩踏むだす勇気がもらえる本

感想・レビューをもっと見る