読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

京味物語

京味物語

京味物語

作家
野地秩嘉
出版社
光文社
発売日
2021-07-27
ISBN
9784334952570
amazonで購入する Kindle版を購入する

京味物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

びわこっこ

美味しいものを食べて泣くということが信じられなかった私を納得させてくれたのは、ここに書かれた「京味」の主人、西健一郎だ。お祝い事のときに赤飯を炊いて料理でもてなすことはあっても、不幸があったときに、そっと弁当を届ける話に感動した。海老蔵夫人の小林麻央さんが亡くなられた時のエピソード、ノンフィクション作家の野地さんがお弁当の海苔で巻いたおむすびと玉子焼きを食べたら、泣けてきたと言う。西さんの料理の師匠は常連さんの食べっぷりだという。亡くなる直前まで味を追求し、料理を勉強した姿勢、見習いたい。

2021/09/12

Ayako

京橋にあった京料理の名店「京味」。本書は、主人・西健一郎氏のエピソードや残した言葉を綴ったノンフィクションである。単に高価な食材を使った料理ではなく、その時に客の心身が必要としている食事を提供できるのが、本当の一流料理人の仕事だと感じた。基本的に人は、食事からしか栄養素を体に取り込めないのだから。「京味」の料理を味わってみたかった。

2021/09/13

Go Extreme

暑い日に生まれた人 西健一郎の天才 春の思い出―子どものころ 高度成長の夏―修行時代 初秋―東京の味 音松に導かれて―秋のおいしい味 京味の章―冬から新年、春へ 円熟の味―料理人の魂 京味のいちばん長い日―新年のおせち作り 料理の本道を往く―おいしいもんと珍しいもんは違う みんな家族―西健一郎の遺した言葉 おいしさに出る涙

2021/08/31

spike

名料理人へのオマージュ。食にはそれなりに関心はあるけれど、どれだけちゃんと味わっているのか、きちんとした食べ方をしてるのか自分ではわからない、そんな自分でもこの方の料理を、きちんと背筋を伸ばして味わってみたかった。そんな気持ちでいっぱいにさせてくれる。あまり難しく考えるものではないと思うけれど、この本を読むと「この店には何を楽しみに行くのか」をきちんと意識すべきで、そうした方がさらに楽しむことができるのかな、と考えさせられた。

2021/10/17

Yoshiko

我が家のお雑煮が、白味噌、小芋、雑煮大根、餅と白一色なのが不思議だったが、京味の雑煮も同じだったこと、大発見しました。

2022/07/04

感想・レビューをもっと見る