読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファンタジー・ブックガイド

ファンタジー・ブックガイド

ファンタジー・ブックガイド

作家
石堂藍
出版社
国書刊行会
発売日
2004-01-25
ISBN
9784336045645
amazonで購入する

ファンタジー・ブックガイド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

北風

素晴らしい! アンパオ、ゴーストドラム、砂漠の宝まで記載があるなんて、わかってる! サイードの話もう一度読みたいなあ。もう手に入れられないんだよね。それを思うと、今までにも手放してきた本の数々が悔やまれる。水の都の王女は実家にあるっけ? ああ、この数々の時代に埋もれていった物語を、死ぬまでにあとどれだけ発掘できることだろうか! ファンタGメンのは児童文学だけだったけど、こちらは古典ともいえる作品から硬派なものを扱っていて、重い内容の本が多いけれど、読みたい欲求が刺激される。

2016/01/31

袖崎いたる

ファンタジー文学のどの作品を読んだらいいかわからない人が手に取るべき本。五里霧中に縋る灯台といったところだろうか。とはいえ、ブックガイドというものは兎角紹介者の資質が問われるものであり、読書人の中にはその資質を疑いつつ手に取る人いるだろう。ぼくはの印象では、多少読者に文系的素養(主に文学や物語論)を問うているのかなという感じが、使用する術語などから伺えた。勿論ファンタジー作品であれば王道から邪道、童話からラノベまでを網羅的に視野に入れている点で、読者のお眼鏡に叶うであろうと思う。しかも格調高い国書刊行会!

2015/09/22

海老エミ

この本の中で子供の頃に読んだ本がぽっぺん先生と注文の多い料理店だけで驚いた。子供の頃からフェミニストで現実主義な自分に驚く。

2019/05/19

いちはじめ

著者は、今はなき雑誌「幻想文学」の発行人で主要なライターでもあった人。やや辛口ながらも一本筋の通った評価基準を持っているので、自分の趣味とは必ずしも同じではないが、参考になる

2004/01/23

じゅんた

若干口調が偉そうに感じられてむむむ、と思ったけれど、その知識量の多さに完敗。日本の作品もカバーしていて参考になりました。論理的でない作品は好きではない、とか、好みではないがよく出来た作品、とか、はっきりしたもの言いがとても好き。作品の好みは合わないかもしれないけれど参考書のように役立つと思いました。

2018/02/18

感想・レビューをもっと見る