読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

種村季弘傑作撰II: 自在郷への退行

種村季弘傑作撰II: 自在郷への退行

種村季弘傑作撰II: 自在郷への退行

作家
種村季弘
諏訪哲史
出版社
国書刊行会
発売日
2013-07-22
ISBN
9784336056702
amazonで購入する

種村季弘傑作撰II: 自在郷への退行 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ばんだねいっぺい

モナリザ・吸血鬼・少女人形フランシーヌ・おこの殺し・阿部定。矢張、情報量に目が回る。

2016/04/11

eirianda

すでに読んでいるものもあったが、内容が濃いので新たに知識を得た感覚。伊藤若冲、偶然にNHKプレミアムで特集の再放送を見て、圧倒される。ヴォルプスヴェーデ(ドイツ)やアスコーナ(スイス)も機会があれば是非行ってみたい。谷崎とか、岡本綺堂もこの本を読んでいれば、二度得した気分になるはず。密な内容だけに、一冊を数日で読むとすぐ忘れちゃうのが難点か(私だけかと)。本当は手元に置いてなんども目を通すものかも。解説の諏訪哲史氏の種村季弘愛を、羨ましく思う。

2016/09/16

Mark.jr

澁澤龍彦と共に日本の幻想文学を索引したドイツ文学者・種村季弘。その弟子である小説家の諏訪哲史さんがセレクトした評論・エッセイ集です。扱われている題材は吸血鬼やゴーレムといった著者の専門分野といえるオカルト的なものから、地球空洞説や泉鏡花など様々。博覧強記で知られているだけあって、1ページの情報量が凄いですが、決して難しいわけではありません。Ⅰ巻、Ⅱ巻とも内容のクオリティに差はないですが、個人的には歯痛と吸血鬼の関連性を考察し、モナリザ盗難事件などの奇譚を語ったⅡ巻が楽しめました。

2018/10/03

感想・レビューをもっと見る