読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

新編日本幻想文学集成 第8巻

新編日本幻想文学集成 第8巻

新編日本幻想文学集成 第8巻

作家
夏目漱石
内田百閒
豊島与志雄
島尾敏雄
富士川義之
別役実
堀切直人
種村季弘
出版社
国書刊行会
発売日
2017-12-25
ISBN
9784336060334
amazonで購入する

新編日本幻想文学集成 第8巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『新編 日本幻想文学集成』第8巻は「漱石と夢文学」と銘打たれ、夏目漱石・内田百閒・豊島与志雄・島尾敏雄の4作家が収録されている。「夢十夜」や「倫敦塔」をはじめ、漱石の収録作はすべて再読となったが、デビュー間もない頃からすでに漱石は幻想小説を積極的に書いていた。そもそも『吾輩は猫である』からして、幻想的設定ではあるのだ(なにせ、猫の一人称なのだから)。言わずもがなだが、漱石はポーの影響を色濃く受けてもいる。内田百閒はその随筆がそうであるように、幻想小説においても、どこか可笑しみを感じさせる作風だ。(つづく)

2018/03/16

感想・レビューをもっと見る