KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

後藤明生コレクション2 前期II

後藤明生コレクション2 前期II

後藤明生コレクション2 前期II

作家
後藤明生
いとうせいこう
奥泉光
島田雅彦
渡部直己
出版社
国書刊行会
発売日
2017-01-26
ISBN
9784336060525
amazonで購入する

後藤明生コレクション2 前期II / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かわうそ

そこに物語はなく、いつの間にか移り変わる話題に脈絡もなく、全体の設計図がカッチリひかれているようにも思い難い。にも関わらず、なぜ読めば読むほど面白くなってくるのか謎は深まるばかりです。引き続き要研究。

2018/09/30

フリウリ

「後藤明生コレクション」の小説編を4→3→1→2と読み、2に収載された「挟み撃ち」が、後藤にとって1つの転換点と(わかる編集に)なっていると感じた。「挟み撃ち」とは両側との関係がそれぞれ膠着して、にっちもさっちもいかなくなる状況である。後藤は、自分自身や身の周りで起こる出来事に「挟み撃ち」という関係性を発見し、苦しみつつ、愉しみつつ、小説化しているように思えた。個人的には、切迫感が後退する後期のほうが好みだが、前期もいい。通読できてよかった。8

2023/03/22

ナカユ〜、

この作家を知ったのは何故だろうと考える、多分名前の後藤明生を「あきお」かな?っと思ったら「せいめい」だったことに驚いたのが、最初だったような気がするw、ま、それはそれとして、第二巻は「?」が強くなって自己解決や結局解決できない話でも、時代と言えばそうなんだが、 引揚げ文学という括りは正直あまり知らないが、(精神的にね)朝鮮、北朝鮮から帰って着た人たちの平平凡凡とできなかった時代の今でいうPTSD談といったところなんだろうけど、

2020/03/29

wakabon

後藤明生、面白い!こんな小説を書く人だとは知らなかった。まさにリゾーム的?

2019/09/15

岸田解

前半の短篇もいいんですが、やはり「挾み撃ち」は圧倒的でしたね。こりゃあ、やられちゃうわ。ゴーゴリ初め、ロシア文学も読まなきゃなぁ……。

2018/03/16

感想・レビューをもっと見る