読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

エイリア綺譚集

エイリア綺譚集

エイリア綺譚集

作家
高原英理
出版社
国書刊行会
発売日
2018-11-21
ISBN
9784336063045
amazonで購入する

エイリア綺譚集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

晩秋の高原の澄んだ空気を思わせるような透き通ったイメージの作品集。一読、その店に行きたくてたまらなくなるような「猫書店」から「石性感情」「ほんたうの夏」の鉱物を連想させる話など、どれも素敵な話ばかり。かというと「出勤」のような異様なイメージもあって油断が出来ない。そして何より作家論作品論であると同時に熱烈なファンレターでもある「ガール・ミーツ・シブサワ」。自分の澁澤体験は彼の死後からであり当時を体感すべき仕方は無いが、それでもその時代独特の空気や彼を取り巻いていた雰囲気が立ち上ってくるような名品であった。

2019/01/28

いやしの本棚

まずは装幀が素敵で、手にとるだけで「エイリア」に惹き込まれてしまいます。「青色夢硝子」「石性感情」「ほんたうの夏」…鉱石、結晶がモチーフになっている作品はとりわけ好みでした。青く光る函のなかに、いろんな色の透き通った飴玉が入っていて、ゆっくり味わって満足して、またしばらく置いておくと、次に蓋をあけたときにも、また青や赤や緑の鉱石に似た飴玉が一杯になっている…自分にとってはそんなイメージが湧きあがってくる、美しい一冊。

2018/12/16

ふるい

素晴らしい作品集。さまざまな作家オマージュな短篇群のきらめきはもちろんのこと、特に中篇「ガール・ミーツ・シブサワ」が良かった。今を生きる(語り手死んでるけど)女性が澁澤を読むことについて、忌憚なく語られます。人でなしでありながら魅力的な澁澤、憎めない!

2018/12/22

rinakko

どの作品も大好きで、陶然と堪能した。装幀も美しいとっておきの一冊だ。とりわけ書き下ろし「ガール・ミーツ・シブサワ」は格別、読んでいる間はずーっと有り難さが胸に溢れてくるような按配だった。かつて澁澤龍彦にずぶずぶ嵌って憧れた元ゴスロリ少女(曰く澁澤乙女)の魂が、ここに掬い上げられて慰撫されていく。私自身何となくわかっていたことを、再確認させられる箇所が幾つもあった。生きていく為にフェミニズムは必要で、うちの本棚に『少女コレクション序説』はきっとあり続ける…ということ。その二つを自分の中で相反させる必要もなく

2018/12/14

あたびー

著者初読。一体この人は本当は何人いるのだろう?と思うくらい様々な語り口。可愛らしいと思っているとバッサリやられたり、なになに面白そうと思っていると難解な迷宮に突き落とされたりする。大好きなのはやはり「猫書店」。「おいでにならません?」と言われればいそいそと後ろをついていくし、「夜歩きいたしませ」と言われればいたしますのだ。「ガール・ミーツ・シブサワ」は死んじゃった元ゴスっ娘が憧れの澁澤龍彦に会いに行く話。シブサワファンなら憧れずにはいられないだろう。

2019/02/22

感想・レビューをもっと見る