読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鐘を鳴らす子供たち

鐘を鳴らす子供たち

鐘を鳴らす子供たち

作家
古内一絵
出版社
小峰書店
発売日
2020-01-23
ISBN
9784338287227
amazonで購入する

鐘を鳴らす子供たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

冒頭にNHKで制作された連続放送劇「鐘の鳴る丘」をモチーフとしたフィクションとある。自分はタイトルを知っていたが、詳しいことは知らなかったが、何故か懐かしいものを感じさせる感覚を持った。戦後間もなく始まったラジオの連続ドラマ。当時は生放送で、突如ラジオドラマに出演することになった小学校の子供たちの心情が良く描かれていた。今ではとても考えられない状況だが、復興の象徴と希望の番組として人気を得たのだろう。背景に自分たちの起こした戦争への後悔が盛り込まれていて、単に児童文学の範疇を超える作品だった。

2020/02/16

ウッディ

終戦から2年後、戦災孤児を描いたラジオドラマ「鐘の鳴る丘」を演じることになったのは、良仁たち素人の小学生だった。発声もままならなかったかった彼らが、内容を理解し、多くの人に何かを伝えることのやりがいを感じ、一つの作品を作り上げる喜びを見出すまでを描いた友情の物語。敗戦によって、これまで教えられてきたことが否定され、ドラマと現実との乖離に戸惑う一方、自由な時代の一歩を力強く踏み出すまでが丁寧に描かれている。戦争の記憶が薄れつつある今だから、子供たちに読んでほしい良書だと思った。とっても面白かったです。

2020/07/05

ちゃちゃ

敗戦2年後、失意の底から立ち上がろうとした人々は、ラジオの声にどれほど励まされただろう。本作は、ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』に出演することになった子供たちの群像劇。互いを気遣い衝突しながらも、物語の力によって成長してゆく子どもたち。「今日よりも、あしたはもっとしあわせに…」歌詞の一節は祈りの言葉として人々の心に深く響く。戦争で莫大な犠牲を強いられた日本。希望の鐘の音…あの頃の復興を希求する熱い思いを受け継ぎ、私たちは今、幸せな社会を築けているのか。大人になった良仁が流す涙の意味を問い続けなければならない。

2020/04/17

みかん🍊

昭和22年敗戦後の混乱期にNHKで戦争孤児を描いたラジオドラマ「鐘の鳴る丘」に出演することになった個性豊かな小学生たち、戦争によって大人に振り回され説明すらされなかった小学生たち、新しい時代、民主主義、基本的人権と言われた自分の事は自分で決めれると希望が持てたが大人は変わらない、そして戦争を知らない人間が大多数を占る今の現代でさえ何も変わらず新しい時代は来ていない、貧困や飢え、差別、子供たちにこんな思いをさせてはいけない考えさせられる良作でした。

2020/07/27

ゆみねこ

良書です。敗戦後の混乱期、NHKのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」に出演することになった小学生たち。価値観が大きく変わり行くその時、大人も子供も深く傷付いていた。物語の力は人の心に響いて行く。皆さんにお薦めします。

2020/02/06

感想・レビューをもっと見る