読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

作家
峯島忠昭
出版社
ごま書房新社
発売日
2015-07-30
ISBN
9784341086206
amazonで購入する

“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひと

著書の風貌は怪しげですが、内容にクセはなく、キャッシュフローをいかに獲得するかという投資家目線で不動産取引のポイントが解説されています。目標家賃収入は1000万円以上なので、一棟物の投資になります。各金融機関の特徴と評価ポイント、使い方が最も参考になりました。まずは各金融機関に自分の情報を開示し、融資可能額を確認してから動くのが良さそうです。融資可能性を示した上で、不動産屋さんから情報を集め、掘り出し物に出会ったらスピーディーに落としに行く。また、改めて自己資金を持つことの強さも感じさせられました。

2016/05/05

鹿内智治

メルマガでお世話になっている。サラリーマンでも不動産投資が実現可能なことを説明した一冊。著者自身もサラリーマンをしながら大家として独立している。いくつかの年収に応じた成功例が書籍の前半に説明されていて、簡単にキャッシュフローが回るように見えた。でも、実際は銀行、不動産業者、管理会社との関係構築、広告、家電設置、リフォームなど考えること多数。目から鱗だったのは、まずは良い条件の融資を受けることが大前提という考え方。

2015/11/30

luckyair777

割と具体的で参考になった。物件選びはまず融資が引けること。その逆算から物件を選ぶという考え方。自身の属性を最大限に活かせる方法を選ぶほうがよい。本当に物件を買おうと思うなら、この本に書いてあるようなことが自然と口をついて出てくるセンスを持ちたい。空室対策、家賃アップのためのリフォームとして、アクセントクロス、和室から洋室へ、人気設備の導入、エントランスの改装などが有効とのこと。売却の際は情報の稀少性を高めるためにあえて1ヶ月くらいはレインズに載せない一般媒介にするという手段は初めて知った。★★★

2016/02/05

wiki

最も大事なのはキャッシュフロー、キャッシュフローを良くする為に最も重要なのは融資の内容。基本的な事をおさえて常に情報を追えれば、目が養われるのではないか。勉強。

2016/09/02

感想・レビューをもっと見る