読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三流

三流

三流

作家
長嶋一茂
出版社
幻冬舎
発売日
2001-05-01
ISBN
9784344000872
amazonで購入する

三流 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yakisoba

 人生全てが親の七光りで生きている長島一茂の自伝。何もしないでもワイドショーのゲストコメンテーターや、崖の上のポニョのお父さんの声とか貰えて羨ましいなと思っていたが、彼には彼なりの苦難があったことが分かる本。 長嶋茂雄という国民的スーパースターが家に居る現実、父親の領域に実力的に全く踏み入れることのできないプレッシャーで、人格が壊れ、精神を病んでいく様子がリアルに描かれている。終盤では「枕元にベーブルースが現れるんじゃないか?」とか「UFOが俺のところに飛んできて超能力を授けてくれるんじゃないか?」みたい

2010/08/30

アスワンハイダム

野村克也という人間が世の中のイメージ通りの超陰険な奴で、1991年のヤクルトスワローズのコーチ陣にはそんな野村のご機嫌を取るだけの人間のクズみたいなのしか居なかったということがわかる本。

2013/01/10

Kunori Masahiro

長嶋一茂という人物のプロ意識を感じる発言を知り、いったいどんな人物なのだろうと興味を持ち読んでみました。 人は誰しも挫折を経験するものですが、彼ほどに強烈な挫折を経験したことがある人はいないであろうことと、だからこそ到達できる精神的な領域があるのではと感じられました。 自分自身の現実を客観的に見つめ受け止めることが大事なのだと再認識できる素晴らしい一冊でした。

2017/11/24

ドルココ

長嶋一茂に対するイメージが確実に変わった。

2010/06/07

ぽみ

のんびり読んで2日で読了しました。長嶋一茂氏のエッセイ本で、簡潔で分かりやすい言葉で人生の生き様を綴っており、とても読みやすかったです。テレビで見る陽気な彼からは、全く想像もできないような、壮絶な野球人生について綴られていました。これは、名監督を父に持つ彼でないと書けない本だと思います。野球のルールを知らなくても、グイグイ読めるほど読みやすい本です。ぜひ、多くの人に読んでもらいたい良著です。

2019/08/18

感想・レビューをもっと見る