読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

嗤うエース

嗤うエース

嗤うエース

作家
本城雅人
出版社
幻冬舎
発売日
2010-08-01
ISBN
9784344018785
amazonで購入する

嗤うエース / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

野球賭博のお話。東野さんの白夜行みたいな感じの流れです。終わりも壮絶ですなぁ。

2017/11/09

Kaz

再読。勝負の世界に八百長を介在させるということは、自分の負けを受け入れるしかないと思っていたけれど、一点差勝ちで負けになるというシステムに「なるほど」と思う。でも、それができるということは、かなりの実力がある人間。浪岡ほどの実力があれば、わざわざ賭博に手を染めなくてもとは思うが、一度手を染めたら抜けられないのも仕方のないことか。関係ないのだが、私の中では、「浪岡=江川」でした(笑)

2010/11/10

ペトロトキシン

野球賭博は悪いことで、八百長も悪いことではあるのだが、勝ち星をしっかり獲りながらも八百長を成立させてしまう(しかも周りからは、ほぼ八百長と悟らせない)技術、自力に、そこはかとない魅力を感じてしまう。魅力的な男だっただけに最後あんな終わらせ方になってしまったのが非常に残念。そして野球賭博があんな仕組みになっていたとは知らなかった。

2017/10/16

はる

題材のスポーツに関するダークな面のリアルさに重い気持ちになりましたが、行き詰るゲーム展開の描写では1球ごとに一喜一憂 ^^ゞ『エース』の圧倒的な才能と意志の強さにも惹かれました。1960年代前半からの15年が舞台のため今とはだいぶ状況も違いますが、その古さも含めてわたしは楽しめました。

2018/11/11

よっしー

★3.5 野球賭博を題材としたミステリー。結末が予想外というか微妙な気がしたが、まあ面白かった。

2017/09/12

感想・レビューをもっと見る