読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

深愛 (しんあい)

深愛 (しんあい)

深愛 (しんあい)

作家
水樹奈々
出版社
幻冬舎
発売日
2011-01-21
ISBN
9784344019362
amazonで購入する

深愛 (しんあい) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みりあ

紅白歌合戦にも出演したアニソン界の女王水樹奈々、いや近藤奈々さんの自伝。やはりただならぬ努力と、人の出会いがあって今の姿があるわけだ。好きな言葉は、「人生に、無駄な経験なんてきっとひとつもない」「出会ったキャラクターの数だけ、声を出せます」等で、もうほんと格好良い。こういうことを素で考えることが出来る人が、やはりスターになるんだろう。だってセクハラ紛いの事をする先生も、まあ恩があったとしても普通許せないだろう。でも奈々さんは大切に思うのだ。出会うべくして出会った人だから。またさらに奈々さんが好きになった。

2012/03/19

うさみP@総選挙は文香さんに一栞を

ETERNAL BLAZEで水樹奈々さんを知ってから6年近く経っただろうか。父の夢を自分の夢に昇華させ、夢を追って二兎を得た近藤奈々の人生。孤独でいじめに苦しんだ幼少時代、厳しくもその奥に優しさを滲ませる両親、苦しくも友達に充実した高校時代、師匠であり最大の障害でもあった先生、意外な経緯で声優となり、どん底から引き上げてくれたプロデューサー。恩人・仇人をひっくるめて私を作ってくれた大切な人と言えるのは凄いなぁ。同名の歌「深愛」の歌詞を思い浮かべながら読むと涙が出る。是非、深愛を聴きながら読んでほしい。

2013/07/22

ごへいもち

とっても努力の人だったのね

2017/04/11

ゆめ

数々のテレビアニメやナレーターで活躍する声優、水樹奈々の自叙伝。5歳の頃から、厳しくも愛情深い父との二人三脚で目指した演歌歌手への道のり。この本は「声優」が書いた本だと思ってもらいたくない。演歌歌手として紅白出場を夢に見続け、どんなにつらく悲しいことがあろうと夢に挑み続けた、1人の強く美しい女性によって書かれた本なのだから。それくらいに、彼女の人生は過酷でありながら素晴らしい。声優として、歌手としての彼女を知らない人にもぜひ読んでほしい。父への深い愛情と感謝の気持ちの詰まった「パパ、行ってくるね」に号泣。

2012/09/23

朝倉大和

声優として歌手としてトップに上り詰めた水樹奈々という一人の人物にただただ圧倒された。様々な事を経験し頑張ってきたからこそ、こんなスーパースターになったんだと思う。ファンではないが、これから温かい気持ちで応援したくなった。人柄の良さも感じられる自叙伝。ぜひ、「水樹奈々」を知っている人には読んでもらいたい。

2011/03/30

感想・レビューをもっと見る