読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オワ婚

オワ婚

オワ婚

作家
柴崎竜人
出版社
幻冬舎
発売日
2012-07-13
ISBN
9784344022133
amazonで購入する Kindle版を購入する

オワ婚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆきちん

表紙から男夫婦の話かと思ってたら全然関係なかった(笑)終わってるコンテンツ、終わってる結婚。ギャンブルでできた二千万の借金のカタに突きつけられた条件は何としても娘の見合い結婚を成立させること。相手の男は高校の同級生でよく知っている。計算高くて人を見下している超セレブ。娘は見合い結婚に夢ばかりみている。すんなり行くはずがない!…自分も不倫してたりして、あーぁと思ってたら案の定で、最後はひねりがありつつ、まぁ、よかったか?結婚に夢はあるのか?(笑)

2017/03/10

おかだ@金曜出没

さらさらっと読めた。カジノで一夜にして2000万の借金を背負った大地と恭司。ヤクザみたいな富豪に、借金をチャラにする代わりに娘のお見合いを成功させろと命じられ…。大金持ちのお見合いがどんなシステムでどれだけ多額の資金をつぎ込んで行われるものなのか、興味深く読んだ。央と日子なら、央の方が歪んだセレブっぽくて実際にいそうだな~と。日子の幼さと自覚の無さにはイライラしたけど、それを凌駕するイライラキャラ・規子にはもう…倫理観なさ過ぎて気味悪い、引いた。良くも悪くもマンガっぽい話で、程よく楽しめた。

2017/10/22

らすかる

30代のチャラいイケメン二人がカジノで作った2000万の借金を背負う。肩代わりしてくれたのはヤクザスレスレな成金。借金をチャラにする代わりに自分の娘の見合いを成功させろと脅される。二人は娘をプロデュースしていくわけだけど、軽い月9のノリかな~。けっこう読み進めていくうちに面白くなるんだけど、軽さと薄さは拭えなかった。日子ちゃん以外のキャラが皆、自己愛激しすぎて萎える。ラストはすっきりな終わりかただけど残るものは少ないかな。でもたまに軽い読み物で息抜きするにはいいかも。

2017/08/28

はるき

エンタメ感たっぷりで読みやすい。饒舌で毒舌で軽快。そしてチクリと刺すのが上手い。

2015/06/01

ga-ko

庶民には知らない世界の話で、代々の家柄いいって大変なんだ、の感想。央は央になるべくして、環境が作られていったのだろう。自分がどんな立場にいて何を望まれているのか、よく知っているんだろう。ある程度敷かれたレールを進むのも困難だろうな。恭司がいいわけじゃないけど、ある種うらやましい。

2016/06/07

感想・レビューをもっと見る