読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅

作家
益田ミリ
出版社
幻冬舎
発売日
2013-06-27
ISBN
9784344024168
amazonで購入する

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

漫画家でエッセイストでもある益田ミリさんの紀行集。京都や奈良、金沢をはじめ日本各地そしてフィンランド、小さい旅もあれば大きい旅も。読んでいて感じたのはガツガツとしたハードスケジュールではなくゆとりのある旅を感じたことだ。国内の旅も日帰りもあれば一泊二日の旅。肩肘張らずに途中であった人や食べ物とゆるくつながっていて穏やかな気持ちになれた。小さなカメラを持ってぶらりと出かけるこんな旅に行きたくなった。図書館本

2018/01/27

AKIKO-WILL

「47都道府県女ひとりで行ってみよう」を読んで楽しかったのでまた違う旅エッセイが出ていたので嬉しかったです!彼と行ったり、母と行ったり、友達と行ったりと海外、国内と色んな旅があり、読んでいて自分も旅に行きたくなりました!特に友達3人と行ったフィンランドが楽しそうでその後に一人でまたフィンランドに行く著者!そんなに魅了されたフィンランドに私も無性に行きたくなりました!観光地よりもその地の食べ物に感動するミリさんがとても共感しました笑

2015/08/13

しゅわ

【図書館】アラフォー女性の共感をよぶコミック&エッセイで人気の益田ミリさんの旅行エッセイです。あまりスケジュールを詰め込むのではなく、気の向くままのんびりと楽しんでいる様子で、自分も一緒に旅している気分が味わえました。どれぞれの費用が載っているのも良いですね♪ それにしても…いつもながらその行動力には驚かされます

2014/01/07

ぶんこ

「47都道府県の旅」から、かなり進歩している感じでした。 女友達との旅では、同じ部屋で泊まったりと、仲良しなのが感じられて楽しかったです。 同性と仲良く旅が続けられるミリさんが素敵だなと思いました。 フィンランド行きたくなりました。 直行便で意外と短時間で行かれるのには驚きました。 ホテルの便利さにも驚き、自分が泊まる事を予想して(儚い願望ですが)検索してお気に入りに入れてしまいました。

2014/10/14

ねむねむあくび♪

読む前から分かっていたけど、やっぱり旅に出たくなる~。( ^∀^)奈良や京都に遊びに行きたい、フィンランドにまた行きたい、鹿児島県のあのコマーシャルの場所の楠を観に行きたい~♪(^o^)なかなか現実には難しくても、心の中に行きたい意欲が湧いてくるのが、心地好いなあ~(^○^)良かったです♪

2014/04/30

感想・レビューをもっと見る