読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぷにんぷにんぷ

ぷにんぷにんぷ

ぷにんぷにんぷ

作家
前川さなえ
出版社
幻冬舎
発売日
2016-03-10
ISBN
9784344029040
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ぷにんぷにんぷ」の関連記事

洗濯機がなくなってしまったら…⁉/いきなり! 電気なし生活②

自身の生活になくてはならない家電を、あえて我慢してみたら…。 そんな、ちょっとだけ「電気なし」生活体験をコミックエッセイにしました!

今回は、前川さなえさんによる「洗濯機」なし生活。

生活になくてはならない電気について、改めて考えさせられるかも。

昔の人の偉大さを実感しますね。

前川 さなえ 四日市市在住のイラストレーター。 ライブドアブログで日々更新中の『ぷにんぷファミリー』が大人気。 著作に『5歳だって女。』(KADOKAWA)など Blog: http://puninpu.com/ Twitter: @puninpu

出典:Concent

2020/3/1

全文を読む

電子レンジがなくなってしまったら…⁉/いきなり! 電気なし生活①

自身の生活になくてはならない家電を、あえて我慢してみたら…。 そんな、ちょっとだけ「電気なし」生活体験をコミックエッセイにしました!

今回は、前川さなえさんによる「電子レンジ」なし生活。

生活になくてはならない電気について、改めて考えさせられるかも。

体験後の今、反動でレンジをめちゃくちゃ活用してしまっているそうです。

前川 さなえ 四日市市在住のイラストレーター。 ライブドアブログで日々更新中の『ぷにんぷファミリー』が大人気。 著作に『5歳だって女。』(KADOKAWA)など Blog: http://puninpu.com/ Twitter: @puninpu

出典:Concent

2020/2/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

ぷにんぷにんぷ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

2度の流産の後に2人の子に恵まれた著者のコミックエッセイでした。私も2度の流産を経験し、結局子宝には恵まれなかったので、流産の時の話に激しく共感し、著者があとがきで流産のところは中々筆が進まなかったというのにも共感でした。流産の経験をしただけに、お子さんが宝だという気持ちも強くなるのでしょう。良かったですね。イラストも可愛くて、さなえさんが神経質ではなく、大らかなのもいいなと思いました。

2016/08/01

すい

2度の流産からの妊娠・出産。出産経験のない方(私も含め)にこそ読んで欲しい内容だった。

2016/03/28

月子

流産の確率がそんなに低くないことにびっくりしました。 妊娠して普通に出産出来たのはとても幸せなことだったんだなぁと。 赤ちゃんを見たり出産話を聞くともう1人欲しいなーってちょっと思っちゃいますね。

2016/06/28

nana&qoo

流産と出産を2回ずつ経験された著者のコミックエッセイ。流産の辛さも、その後の出産も、心情がヒシヒシと伝わってきます。また分娩時のレトリックがラムネの瓶だのサザエだのと絶妙。1人目は病院、2人目は助産院での出産なので、その違いも参考になります。

2016/05/07

rie

出産が楽しみになった! 凄くいい雰囲気の家族だなぁと文面やイラストから読みとれてホッコリ。

2016/04/01

感想・レビューをもっと見る