読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蜜蜂と遠雷のおすすめレビュー

恩田陸文句なしの最高傑作『蜜蜂と遠雷』! ピアノコンクールが舞台。才能とは何なのか?【「2017年本屋大賞」大賞作】

恩田陸文句なしの最高傑作『蜜蜂と遠雷』! ピアノコンクールが舞台。才能とは何なのか?【「2017年本屋大賞」大賞作】

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)  文字を追っているはずなのに、音楽が聴こえてくる。読者は時にコンサートの聴衆になり、時にピアニストにもなれる。メロディが聴こえてきたら、次は映像まで浮かぶ。聴覚と視覚が、文章に喚起される。そんな「新体験」をもたらす無二の作品だった。 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)は、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した史上初の長編小説である。 「芳ケ江国際ピアノコンクール」は、多くのピアニストが集まる著名なコンペティションだ。予選…

もっと見る

うんこの漢字ドリルから94歳・佐藤愛子まで! トーハン・日販しらべ2017年 年間ベストセラーまとめ

うんこの漢字ドリルから94歳・佐藤愛子まで! トーハン・日販しらべ2017年 年間ベストセラーまとめ

 一年を振り返るコンテンツが増えると年の瀬を感じる。有名なところでは、日本漢字能力検定協会のキャンペーンで毎年発表される“今年の漢字”や、自由国民社がユーキャンと提携して発表している“新語・流行語大賞”だろう。後者で、2017年にノミネートされた「うんこ漢字ドリル」は、まさに2017年の出版業界を代表する一冊と言っていいだろう。他にも多くの作品が出版されたわけだが、どんな本がベストセラーとなったのだろうか。今回は、出版物取次大手である株式会社トーハン(以下、トーハン)と日本出…

もっと見る