読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

作家
にしのあきひろ
出版社
幻冬舎
発売日
2016-10-21
ISBN
9784344030169
amazonで購入する

ジャンル

「えんとつ町のプペル」の関連記事

バカにされたって、信じた道を突き進む。“嫌われ芸人”にしのあきひろの絵本が感動的すぎる!

『えんとつ町のプペル』(にしのあきひろ/幻冬舎)

 突然「芸人引退」を宣言したり、数々の炎上騒動を起こしたり、なにかとネットを騒がせるキングコングの西野亮廣さん。「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「スゴイんだぞ、西野さん」特集が組まれ、芸人仲間にイジり倒されたのも記憶に新しい。

 そんな彼が、笑い抜きで取り組んでいるのが絵本制作だ。2009年に「にしのあきひろ」名義で『Dr.インクの星空キネマ』を刊行して以来、夜空の下で繰り広げられる優しい物語を次々に発表している。

 『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)は、そんなにしのさんの最新作に当たる絵本。どのような思いを込めて制作したのか、ご本人に話をうかがった。

総勢35名が参加! 超分業制で作られた異例の絵本

 『えんとつ町のプペル』は、監督・脚本・作画のにしのさんを筆頭に、総勢35名ものクリエイターが参加して制作されている。通常、絵本は1人か2人で作るのが一般的だが、なぜこのような“超分業制”を敷いたのか。まずは、一風変わった制作方法について話を聞いた。 「せっかく作るなら、とにかく面白いほうがいい。映画だ…

2016/11/9

全文を読む

「思わず本屋で見かけて買っちゃったよね」アメトーーク!で紹介されたキングコング・西野のビジネス本が大反響

『魔法のコンパス』(西野亮廣/主婦と生活社)

 2016年10月20日(木)に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」で、お笑いコンビ・キングコングとしてだけでなく、絵本作家、小説家としても活躍する西野亮廣にスポットを当てた企画「スゴイんだぞ! 西野さん」が放送された。番組内で西野によるビジネス書『魔法のコンパス』が紹介されたところ、「アメトークで見て買ったけど面白いぞ!」「思わず本屋で見かけて買っちゃったよね」「西野さん、本当にスゴイな!!」と大きな話題となっている。  同作は、漫才師、絵本作家、イベンター、校長、村長、ついには上場企業の顧問にまで就任してしまった、キングコング西野が「新しい仕事の広げ方」「本当のお金の話」「常識の覆し方」「エンタメの仕掛け方」を語る、世間からハミ出す人のためのビジネスヒント集だ。2016年8月12日(金)に発売されるや否や「元気がもらえる言葉ばかり」「この本を読んで勇気が出た」と大きな話題に。  10月20日(木)の番組内では、今回の企画の発案者である東野幸治が同作を取り出し、「西野さんが道なき道の歩き方を描い…

2016/10/30

全文を読む

関連記事をもっと見る