読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉

百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉

百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉

作家
百田尚樹
出版社
幻冬舎
発売日
2017-03-09
ISBN
9784344030787
amazonで購入する

百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

百田尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。作中の登場人物の100の言葉のセレクションなのですが、忘却読者のため、ほとんど覚えていません(笑)「海賊と呼ばれた男」の国岡鐡造(出光興産の創業者、出光佐三がモデル)のセリフは、実在の人物の実際の言葉なので、他とは違って心に響きます。

2017/07/16

Tsuyoshi

百田作品からの人生に役立つ名言を100個ピックアップした一冊。特に「皮肉」の章が印象的だった。未読の作品からの引用も多く、早く読み進めなければと思った。

2018/02/12

それいゆ

「同じジャンルの作品、同じテーマの作品は書かない」と言うだけあって、百田尚樹は多くの名言を生み出していますね。ほとんどの読者には解けない意味不明な小説が多い芥川賞作品。読みやすくてわかりやすいのがいい文章だという考えには大賛成です。こねくり回した美文は読みたくないし、書きたくないといつも思っています。百田作品は、わかりやすくて面白い。だから次々と映画化されるのでしょう。「錨を上げよ」と「幻庵」の映画を早く観たいです。

2017/05/20

keiトモニ

8章皮肉“人は魅力的な容姿の持ち主を見ると知能が高く望ましい性格で立派な人と無意識に思い込む…著名なプロスポーツ選手をTV局に呼んで政治的或は文化的なコメントを求めるのもその一つ。人々は一流アスリートの彼なら素晴らしい意見を言えるはずだと無意識に思ってしまう”☚長島一茂ですね。彼のコメント…見るに聞くに堪えない、小中学生以下。5章小説と小説家“芥川賞作品の中には何を書いているのか意味不明の小説がある。パズルが高尚すぎて読者に解けないのだ。それを解けるのは一流の書評家だけ…”☚私もパズルが解けない一人です。

2017/08/27

chika

百田先生の作品からの名言集です。 以下、お気に入り2つ。「本当の才能というのは、実は努力する才能なのよ。」(ボックス!)「今の私の一番の夢が何かわかりますか。生きて家族の元に帰ることです。」(永遠の0)アーカイブス的に楽しめました(๑˃̵ᴗ˂̵)

2017/10/24

感想・レビューをもっと見る