読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

プライド

プライド

プライド

作家
金子達仁
出版社
幻冬舎
発売日
2017-12-13
ISBN
9784344032057
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

時を遡ること20年前の1997年10月11日、総合格闘技イベント「PRIDE.1」で実現した「最強プロレスラー」高田延彦対「400戦無敗の男」ヒクソン・グレイシー。日本の総合格闘技の礎を築いたと言っても過言ではないこの世紀の一戦は、いかにして実現し、その舞台裏では何が起こっていたのか。高田延彦、ヒクソン・グレイシー、榊原信行を筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに、ノンフィクション作家の金子達仁氏が、その知られざる物語を書籍化。20年の時を経たいま、初めて明らかにされるその真実とは――。

「プライド」の関連記事

「出てこいや~!」総合格闘技ブームのはじまり、見る者からは想像を絶する葛藤を描いた『プライド』〈高田延彦インタビュー〉

photo by渡辺秀之

 今は「出てこいや~!」の人と言えば、思い至る人も多いかもしれない。情報番組からバラエティ番組まで、老若男女が目にするメディアでもお馴染みのタレント高田延彦氏。大きくて優しい高田氏が、二十数年前までは日本で最も前衛的でストイックなプロレスラーだったことを知る人は、どれほどいるだろうか。

 日本で最も知られる元プロレスラーの同氏が、現役時代に前人未踏の茨の道を選び、総合格闘技ブームの火付け役になった経緯が詳しく書かれた新書『プライド』(金子達仁/幻冬舎)が出版された。高田氏に話を伺った。

『プライド』(金子達仁/幻冬舎) ■PRIDEがあるからRIZINがあり、同書が生まれた

 高田氏の代名詞である「出てこいや~!」が生まれたのは、総合格闘技イベントのPRIDE時代まで遡る。開幕セレモニーで選手たちの登場を促すのに、主催側に「勢いよく紹介してほしい」と言われ、飛び出したアドリブなのだそうだ。昨年末もPRIDEの系譜を継いだRIZINが開催されたが、今回もオープニングセレモニーで、高田氏のこのフレーズによる“開幕宣言”があった。

 …

2018/1/21

全文を読む

関連記事をもっと見る