読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます

作家
東川篤哉
出版社
幻冬舎
発売日
2017-12-20
ISBN
9784344032248
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「この事件の謎は、
絶対あたしが
解き明かしてやるんだから」

勤め先のスーパーをクビになり、地元・武蔵新城で
『なんでも屋タチバナ』を始めた俺、橘良太。
三十一歳。独身。長所、特になし。特技は寝ること。
最近は、隣駅の溝ノ口に住む名探偵一家の主・綾羅木孝三郎がお得意様。
娘の綾羅木有紗の子守役を仰せつかっている。
しかしこの有紗、10歳にして名探偵を気取っており、
俺が依頼された事件にことごとく首を突っ込みたがる。

そんなある日、孝三郎の代わりに有紗と高橋さん一家の奥多摩バーベキューに
付き添っていたら、なんと溺死体に遭遇してしまい……!?

美少女探偵×ヘタレ三十路男による
爆笑必至のユーモア・ミステリー

探偵少女アリサの事件簿 今回は泣かずにやってます / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ

探偵少女アリサの事件簿その2。連作短編集。安定の東川クオリティ。何度かキックが不発になりましたが最後は決めた。次作では怪盗との決着はある?

2018/01/23

takaC

このシリーズもクセになります。そんなわけで発売日買いしてあったのですが今日スーツ着て表参道まで往復した道中メインにようやく読了。

2018/03/24

だんじろー

緩いっ! びっくりするほど緩いぞっ! でもそれこそがまさに東川節。この人に行数稼がせたら日本一だ。真新しいトリックはないけれど、取り合わせの妙でここまで読ませてしまうとは! 恐るべし作家魂。久々に「謎ディナ」の新作も読みたいぞよ。

2018/01/12

Moemi

ところどころ挟まれる小ネタにクスクス笑いながら、あっという間に読み終わりました。 正直ミステリーとしての驚きみたいなものはないのですが、キャラ立ちしているので楽しく読めてしまいます。 有栖川有栖が大好きな身としては、噴火した火山に取り残された大学生たちの間で起きた殺人事件を解決しに旅立って行ったアリサのパパのその後が気になります(笑) たぶんまだシリーズは続きそうなので、そのうちママのほうも登場してくれることを期待しています!

2018/11/09

takaC

約1月ぶりに再読。前回も今回も地区図書館から借りてきて読んだということはそもそも買う必要なかったような気もするがJREポイント500ポイント貰ったから良しと考えよう。

2018/04/21

感想・レビューをもっと見る