読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

インジョーカー

インジョーカー

インジョーカー

作家
深町秋生
出版社
幻冬舎
発売日
2018-07-26
ISBN
9784344033313
amazonで購入する

インジョーカー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

続編が出たのは知っていたけど後回しになっていた。丁度良い長さで安定して楽しめる。キャラも筋立てもテンポも良く、特に今回は新章開幕っぽい展開で先を気にさせる。ただ、前作までで、八神の過去にケリをつけてしまっているだけに、気持ちよく主人公を暴れさせようと思うと、行動の理由付けがむずかしくなっている。やってることは無茶苦茶だけど熱い刑事魂を持っている、みたいな人物造形が枷になって、丸くなっていかざるを得ないように感じる。どこかでもう一回、闇を背負わせた方が、八神が弾けて面白くなるかも。

2018/10/09

しんたろー

八神瑛子シリーズの新作は、前作で瑛子の目的が達成されたから「蛇足になっているのでは?」と心配したが全くの杞憂で、新章への突入とも言える内容…ヤクザ+外国人犯罪者+警察内部抗争が絡み合い、先が読めない早い展開に翻弄されつつ一気読み。瑛子を中心にした群像劇の色合いが強まって、シリーズ最高の出来になったと思える。ネタバレになるので名前は控えるが、好きなキャラの一人に会えなくなったのが寂しいが、富永や井沢には今後も期待したいし、里美が健在なのも嬉しい。井沢の彼女・咲良も格好良かったので、次作では活躍して欲しい🎶

2018/11/05

Kei

年を跨いで読んでました。このシリーズおもしろいです!警察の内部抗争にヤクザ、外国人犯罪者がからみます。きれいごとばかりではないので、清濁あわせ持ち、何が悪か何が善か、の混沌が魅力です。相変わらずのレギュラー陣健在に、ちょっと悲しいこと、背筋ピットなることも。次回以降、中国勢力にベトナムが加わるね。今までになかったグルメも楽しみです。

2019/01/04

ずきん

ツボすぎる。慟哭し、涙の雨を降らせても、焼きつくされた胸中の熱は冷めない。ヤクザの金を狙う武装集団、警察官僚の派閥争い、目的を見失い揺らぐ瑛子はヒトイチのターゲットに。物語が絡み合い疾走を始めると、深町節が読者の胸をえぐっていく。クズどもが男の矜持を見せる瞬間と二転三転する物語。終わりかと思えばさらに深くえぐられる、容赦なしのクライム・エンターテイメント。前三作はプロローグだった。八神瑛子シリーズ最高傑作と断言させてもらう。必ずシリーズ順に読んで欲しい。一緒に叫ぼう、そして哭こう。

2018/08/12

ren5000

前回で旦那の仇を討って終わりかなと思った八神瑛子が帰ってきたというので読んでみた。やっぱりこのシリーズ面白い。シリーズ続くのかもしれないけど目的を果たした八神瑛子と読者のモチベーションは保てるのかな??

2019/01/06

感想・レビューをもっと見る