読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

切なくそして幸せな、タピオカの夢

切なくそして幸せな、タピオカの夢

切なくそして幸せな、タピオカの夢

作家
吉本ばなな
出版社
幻冬舎
発売日
2018-07-26
ISBN
9784344033320
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

世界的作家の吉本ばななが、台湾の読者向けに書下した短編ストーリー絵本「切なくそして幸せな、タピオカの夢」、いよいよ日本発売!

「人生は一度しかなく、なるべく幸せでいた方がいい。なるべく愛する人と、おいしく食べた方がいいーー。」緊張したデートから始まった恋人同士が、結婚して夫婦になり、子供が生まれ、家族になっていく。その中心にはいつだって美味しいご飯があった。世界的作家・吉本ばななの体験を元に描かれた。不安から解放されて心穏やかに、豊かな人生を自分らしく生きられるようになるショートストーリー。心温められるかわいいイラストも多数収録。2018年1月に台湾で発売された人気作を、いよいよ日本の読者にお届けいたします。

切なくそして幸せな、タピオカの夢 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

吉本 ばななは、新作中心に読んでいる作家です。絵本と短編の中間のような作品でした。恋人にしても夫婦、家族にしても、東京バンドワゴンの堀田家の家訓のように「食事は(家族)揃って賑やかに行うべし」が大事なんでしょうね。Soupy Tangの絵も好いですが、ほぼ一色に塗りつぶした頁は不要だと思います。私は、タピオカを好きですが、タピオカ専門店には行ったことがありません。台湾には、ごく普通にあるお店なのでしょうか?

2018/09/15

美登利

ばななさんの短いエッセイに海外のイラストレーターさんの絵画付きの絵本のような本です。家族と、好きな人と食べる家庭の味やお店での食事の思い出色々。本を開くと何だか懐かしい気がするのは、絵が小学生の水彩画みたいに感じるからか。誰もがこのように描けるわけじゃないけれど、クラスに何人かいる絵の上手な同級生が描いたような気がして。この本を読んだたくさんの人たちに、ばななさんと同じような温かい思い出がありますように。子供が巣立つことは寂しい思いもあるけれど、それは決して悲しみではないように。

2018/08/31

風眠

人生は一度しかなく、なるべく幸せでいた方がいい。なるべく愛する人と、おいしく食べた方がいい。/(本文より)人生には幸せじゃない時もある。食べ物もおいしくない時もある。けれど吉本ばななは「なるべく」と言う。こんなにも心がこもっていて、温かな実感が伴う言葉があったなんて。私にとっての「切なくて幸せな〇〇」はキーマカレー。パプリカや蓮根などの素揚げ野菜をトッピングした、見た目だけおしゃれカレー。あの人と二人で台所に立って、野菜どれのせる?って。あの時の切なさも、幸せも、もう過去のこと。でもそれでいいのだと思う。

2018/10/04

ででんでん

ばななさんの本はそんなに読んでいない。この本は字が少なくて、でもめくってみた中身が気になって、それからイラストがとても素敵だったので久々に手が伸びた。私はお父さんの吉本隆明さんが、昔から好きで、ばななさんが小さいときのお父さんとの暮らしについての描写がとてもよかった。お母さんが病気だったから、隆明さんは、少しでも時間があれば自分の研究がしたかったはずだが、幼いばななさん姉妹のごはんを毎日調えていた。市場のお総菜や、食材使いきりのために同じ材料ばかりの「づくし」メニュー。でもそこには確かな愛情が。

2019/02/17

アクビちゃん

【図書館】吉本ばななさんの体験を元にしたエッセイ。読みながら、ドキドキして食が進まなかったデート、母の大根の細切りのお味噌汁、そして自分がだれかの食べ物だった時期を思い出し、幸せな気持ちになりました。「人生は一度しかなく、なるべく幸せでいた方がいい。なるべく愛する人と、おいしく食べた方がいいーー。」吉本ばななさんのそんな気持ちが溢れているステキな本です。イラストも、イラストなのに上手い間(ニュアンス伝わってるかな?)の取り方をしていて、心地よいです。手元に置いて何回も読みたいので購入しちゃいます💓 

2019/02/27

感想・レビューをもっと見る