読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

一度だけ

一度だけ

一度だけ

作家
益田ミリ
出版社
幻冬舎
発売日
2018-08-23
ISBN
9784344033436
amazonで購入する

「一度だけ」のおすすめレビュー

益田ミリ、9年ぶり2作目の長編小説『一度だけ』「一年に一度でいい。熱く、熱い、夜が欲しい」

『一度だけ』(益田ミリ/幻冬舎)

 ミュージシャン・矢野顕子が生み出した曲の一つに「ひとつだけ」がある。故忌野清志郎とのコラボでも知られ、愛らしい歌詞が心に響く名曲だ。

 これから紹介する本は「ひとつだけ」ではなく『一度だけ』(幻冬舎)。都会暮らしをする独身アラフォー女子を描いた「すーちゃん」シリーズなど、女性の細かな心情を描き続ける漫画家・益田ミリが綴った9年ぶり、2作目となる長編小説だ。

 物語は30代の姉妹で2人暮らしを続ける派遣社員・ひな子と介護ヘルパー・弥生、彼女らの母親・淑江とその妹・清子、2組の姉妹を中心に描かれる。夫が遺した財産で自由きままに暮らす清子はひな子を誘い、往復ビジネスクラスの1人180万円かかるブラジル旅行に出かけた。日本に残された弥生はひな子が不在の間、「毎日新しいことをするルール」を自分に課す。

 物語は登場人物の都合通りには進まない。厳密に言えば、進むときもあれば進まないこともある。でも、これが日常というものだ。そんな日常から脱却しようともがく登場人物は、“一度だけ”という思いで、さまざまな行動を起こしていく。

 30代…

2018/10/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

一度だけ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mayu

久し振りの長編ということで楽しみに読んでみた。1度だけ…熱い思いをしたい。現実は厳しくて夢は儚い。姉妹が一緒に住み妹のひな子はお金持ちの叔母の清子さんとブラジル旅行へ、一方姉の弥生は毎日、介護の仕事に勤しむのだった。我慢や忍耐し過ごしてる日々から、二人の行く末が少しずつでも好転する事を願ってしまう。

2019/02/06

野のこ

ミリさんのリオの旅から物語ができたのかなぁ。日々の何気ない、いろんな感情がリアルでドキッとしました。ふとした瞬間にミリさんの存在を感じられる小説。エッセイも漫画も好きだけど、小説も好き(結果 全部好き 笑)「ミックスジュースみたいにミキサーにかけたら、どんな言葉が出来上がるんだろう」「ネモフィラの花のような青空」っていう比喩が気に入りました。365日のうち1度、リオのダンサーのように華やかな注目を浴びなっくったて人生は悪くないもんだ。ラストはふわっとした終わり方でした。続くのかな?

2018/10/23

kaz

姉妹。一番分かり合えそうで。分かち合えばいいのに、うまく分け合えない。共通の親がいて、共通の叔母がいる。母と叔母の関係性と弥生とひな子の関係性。分かりたくない部分とそれでも許せる部分。確かに叔母が妹だけを旅行に誘ったら、不満に思うやろうな。自分の身の丈。姉の身の丈。妹の身の丈。結婚相手によって差が付く経済力。「人をあてにする生き方に、ではなく、自分をあてにできないような生き方に」くたびれる、弥生に共感。自分で考えて選んで行動していく。姉妹の未来が充実してるといいな。

2018/12/13

ヤスギタちゃん@鷹党で獅子党

著者の漫画は読んだことはあるが、小説は初めて読んだ。人生、様々なことがあり、紆余曲折もあり、姉妹間の複雑な事情や思いがありながらもお互いに懸命に生きていく相が感じとられる。家族間の複雑な感情が入り混じり、モヤモヤとした日常やお互いに思っていることが理解できる部分と理解できない部分もあったりして、共感したりする部分もあった。漫画のゆるい感じとは違うモヤモヤとしたところも出ている感じる。

2019/01/03

カール

叔母さんの遺産をあてにしたり、玉の輿を狙ったり…こんな行為には嫌なイメージしかないけど、これがミリさんの手にかかると、そうでもなくなるのが不思議で、確かにそんな事を期待することもあるよなぁって思う。でもそんな棚ぼた的な事が起こるはずもなく、自分を当てにできない生き方に疲れたという言葉に共感。さらっと読めていいんだけど、1時間ほどで読めたのは軽すぎ?本の帯の言葉と内容が違うよね?

2018/10/06

感想・レビューをもっと見る