読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幽霊たち

幽霊たち

幽霊たち

作家
西澤保彦
出版社
幻冬舎
発売日
2018-09-20
ISBN
9784344033634
amazonで購入する Kindle版を購入する

幽霊たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

西澤さんらしいなって感じ。トリックはイイなとは思うが、家系図あっても正直一回読んだだけでは把握しきれてない。

2018/10/10

aquamarine

西澤さんらしいストーリーだと思います。ひとつの殺人事件から、40年前の悲惨な事件や過去が引っ張り出されます。最初に家系図がついていてもあまりにも血縁関係が複雑で、何度も戻って確認することになりました。主人公は幽霊が見えて会話ができる57歳の作家。もちろん過去の真相も含めて、いろいろな驚きをもって話は収束し、無駄なく綺麗で、ミステリとして申し分ない(人により好き嫌いはあるかな)と思いますが、何が起こっていたのかそれを把握するために読み進めるのが精一杯で、私としては楽しむ余裕がなくて、少し勿体なかったです。

2018/10/08

ままこ 🍁

特殊体質持つ継実の元に警察が殺人事件の事情聴取にやってきた。久々に思い出した子供時代の記憶。陰惨な過去の殺人事件。複雑な人物関係に戸惑いながら誰だっけ?を繰り返しながら読んでいく。ライトな語り口なんだけど結構ドロドロ。とにかく一筋縄ではいかない絡みに絡んだ人間関係。腑に落ちない事もあったけど意外な正体と繋がりには驚いた。ラストは父のあの一言が効いていて切なくなった。

2018/12/01

nana

登場人物の多さ、関係の複雑さに疲れた。何とか最後までよんだが、よく分からないまま読了。読解力がほしい。

2018/12/31

momi

幽霊たち…タイトルどおり…幽霊たちです!笑。ホラーではありません。ミステリですが、最初から混乱。登場人物の多さに家系図を見ながら読み進めるがこんがらがって分かりづらい…。誰が話しているのかも分かりづらい…。幽霊と犯人探し〜?!そう!そう言う話でした!笑。うーん、著者の作品なのでかなり期待していましたが私にはあいませんでした。子供は親の影響下から逃れられない…この言葉だけが印象に残った作品です。

2018/09/27

感想・レビューをもっと見る