読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ほんやのポンチョ

ほんやのポンチョ

ほんやのポンチョ

作家
にしのあきひろ
出版社
幻冬舎
発売日
2018-12-06
ISBN
9784344033832
amazonで購入する

ジャンル

ほんやのポンチョ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

「えんとつ町のプペル」に続く第二弾、にしの あきひろの最新作読みました。絵は美しく前作と構成は似ていますが、内容は少し子供向けです。但し、私は線を引いたり、書き込んだ「しるし本」は好みません。本は原型を留めた美しい状態が好きです♡

2018/12/04

tonkotsu

キングコングの西野亮廣氏の脚本・監督による最新絵本。不器用で商売下手な本屋のポンチョが、あることをきっかけに、メモを書き込んだりページを折ったりした本を売っていく、、、道徳的な教訓もありテンポよく最後まで楽しめた。

2018/12/16

kanata

初めの頃の鋭い白黒の絵はどこいった?と思いつつ、にしのあきひろ名義のお話としては一番惹かれる。勇敢で優しいほんやさんの感じたこと、大事に思ったこと、みんなが知りたがっている。本のもつ力もさることながら、本を通じてつながる気持ちにほんわか。ここまでスタッフがいれば、短編アニメにもなりそう。

2019/02/03

ミヤッチ

書店で立ち読み。絵はプペルの方が好き。いい話。

2018/12/26

片腕の雨巫女。

《本屋》キングコングの西野さんの本と、ラストで、気がつきました。この本屋さんに行きたくなりました。

2018/12/09

感想・レビューをもっと見る