読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本国紀

日本国紀

日本国紀

作家
百田尚樹
出版社
幻冬舎
発売日
2018-11-12
ISBN
9784344033856
amazonで購入する

日本国紀 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、図書館の配本の関係で(著者に言わせると、これも謀略かも知れません。)ようやく読めました。本書は50万部以上売れているようですが、何故かあまりメディアが取り上げません(これも謀略?)。従来の著者の主張を反映した日本通史でした。自国の銃規制も出来ない国を中心に、また軍拡競争が始まっていますが、高い志を持ち、核を含めた軍縮を実現する素晴らしい政治家は現れないのでしょうか?

2019/02/12

mitei

ページ数から言うとようやく読み終えたという達成感も感じると普通は思うが、思う間もなくあっという間に読んでしまった。日本人の通史としてはとても面白い。紙面は大半が明治維新以降だけど、江戸時代以前の話も古代の想像しか出来ない古い話もここは違うかなというものもあったが、スルッと読ませる文書力が著者のすごいところ。また繰り返し読みたいな。

2020/06/08

utinopoti27

稀代のインフルエンサー・百田尚樹氏。その偏った歴史観が色濃く反映されている事実をもって本書を批判する声は確かにある。ただ、常に勝者の論理によって語られてきた歴史の側面を考えると、客観的な解釈などあり得ないのも事実かと。ポチは右でも左でもないけれど、本作に託された作者のメッセージには、いち日本人として深く心を揺さぶられました。特に自虐的歴史教育が染み込んだ身には忸怩たる思いがあるだけに、自国を誇る気持ちは何よりも大事にしたいと考えるのです。ゆえにあえて言いたい。これを読まずして日本人を名乗ることなかれ、と。

2019/06/25

いおむ

嫁との共同購読。平成最後の日までに何とか読了。間に合いました。じっくり半年かけて日本の歴史を読んできました。歴史本は書いた作者や団体、参考にされた文献、時代背景によってかなり解釈や記述が変わることを前提に読まなければなりませんが、改めて思い出すこと、新たに知ることも沢山あり、読んで良かったとまず思える本でした。日本という国、そして日本人ーーどうか、新しい令和時代を誇りをもって雄々しく乗り越えていけますように。

2019/04/30

Miyoshi Hirotaka

四方を海に囲まれたわが国は、元寇を退け、キリスト教の侵略も鎖国で防いだ。一方、江戸期を通じ、平和ボケに陥り、開国圧力に晒された19世紀半ばからは致命的ミスを連発し、他の有色人種同様、植民地化の危機が現実化。これに対し、自主独立を決意したわが国は、約百年間列強と戦った。歴史の動きをたどりながら自分の位置を突き止め、その背景を確かめることは、前途に横たわる困難な課題に対し、確からしい選択をするのに必要。先祖の系譜をたどり、共感をもって眺めれば、歴史は生き生きと見えてくる。それは未来へ向けて誇るべき遺産なのだ。

2019/03/11

感想・レビューをもっと見る