読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本国紀

日本国紀

日本国紀

作家
百田尚樹
出版社
幻冬舎
発売日
2018-11-12
ISBN
9784344033856
amazonで購入する

日本国紀 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

百田 尚樹は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。図書館の予約に出遅れた訳ではないですが、図書館の配本の関係で(著者に言わせると、これも謀略かも知れません。)ようやく読めました。本書は50万部以上売れているようですが、何故かあまりメディアが取り上げません(これも謀略?)。従来の著者の主張を反映した日本通史でした。自国の銃規制も出来ない国を中心に、また軍拡競争が始まっていますが、高い志を持ち、核を含めた軍縮を実現する素晴らしい政治家は現れないのでしょうか?

2019/02/12

forest rise field☆

初めて日本通史を読んでみた。 今まで学校で習ってきた歴史は何なのだろうか?日本がしてきた事は悪いことだと植え付けられた自虐史観・・戦後70年が過ぎ、この間、日本は侵略されず、平和ボケしてきた。これからはいつ侵略されるかもわからない世の中になり、憲法に締め付けられて何もできず悔しいと思う日本人がたくさんいると思います。立派な日本を守るためにも、時代の波を乗り越えるためにも考えさせられました。多くの日本人に読んで欲しいと思いました!

2019/04/14

いおむ

嫁との共同購読。平成最後の日までに何とか読了。間に合いました。じっくり半年かけて日本の歴史を読んできました。歴史本は書いた作者や団体、参考にされた文献、時代背景によってかなり解釈や記述が変わることを前提に読まなければなりませんが、改めて思い出すこと、新たに知ることも沢山あり、読んで良かったとまず思える本でした。日本という国、そして日本人ーーどうか、新しい令和時代を誇りをもって雄々しく乗り越えていけますように。

2019/04/30

Miyoshi Hirotaka

四方を海に囲まれたわが国は、元寇を退け、キリスト教の侵略も鎖国で防いだ。一方、江戸期を通じ、平和ボケに陥り、開国圧力に晒された19世紀半ばからは致命的ミスを連発し、他の有色人種同様、植民地化の危機が現実化。これに対し、自主独立を決意したわが国は、約百年間列強と戦った。歴史の動きをたどりながら自分の位置を突き止め、その背景を確かめることは、前途に横たわる困難な課題に対し、確からしい選択をするのに必要。先祖の系譜をたどり、共感をもって眺めれば、歴史は生き生きと見えてくる。それは未来へ向けて誇るべき遺産なのだ。

2019/03/11

yukision

通史というだけあり,教科書的に史実がさらっと書かれているが,明治以降が半分を占め,徐々に熱を帯びてくる。学生時代,開国以降の歴史が暗く感じた日本史があまり好きではなかったが,海外に出て初めて,今まで当たり前に思っていた国家観や歴史観に疑問を持ち始めた。この本を読み終わり,矛盾や疑問を感じていた歴史のパーツが一つ一つきれいに収まる感覚を覚えた。

2018/11/14

感想・レビューをもっと見る