読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

オーディションから逃げられない

オーディションから逃げられない

オーディションから逃げられない

作家
桂望実
出版社
幻冬舎
発売日
2019-02-07
ISBN
9784344034211
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「あなたらしくいればいい」と世間は謳う。
だけど、他の誰かと比べてしまう――。

渡辺展子はいつも「ついてない」と思っていた。中学でできた親友は同じ苗字なのに学校一の美女・久美。同じ「渡辺」でも、注目されない方の「渡辺」になった。絵が好きで美術部に入るが、そこには「一風変わった絵」を描くだけなのになぜか注目も評価も集めてしまう同級生がいる。就職活動をしてみれば、仲良し四人組の中で自分だけ内定が取れない。幸せな結婚生活を夢見ていたのに、旦那の会社が倒産する……。いつも“選ばれなかった”女性の、それでも幸せな一生を描く。

他人と比べながら生きてきた展子が手に入れた、本当の幸せの形とは――。

オーディションから逃げられない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

「展子には遣り直す時間がある」「いつだって遣り直せるんだよ」そう言ってくれる友がいるだけで展子は幸せだと思う。十分恵まれている事は案外本人が一番気づかなかったりする。自分はついてない・・そう思った事は無いか?私はあった。それは人と比べたから。何かの所為にして努力や感謝を怠ったから。それはとても疲弊する。人生はオーディションばかりでは無い。自分の人生の主役は自分自身だもの、誰もが懸命に生きているのだ。心地よいラストに、これは人生応援小説であり家族の話でもあった。

2019/03/05

ゆみねこ

いつも他人と自分を比べて「ついてない」と思って生きてきた渡辺展子。生真面目で一生懸命な展子が幸せをつかむまで。タイトルはもうちょっと違うほうが良いような。面白かったので読後感は良かったです。

2019/03/04

のぶ

一人の女性の生き方を描いた物語としては面白く読んだが、タイトルのオーディションとの関係については、あまり噛み合っていないと思った。主人公の渡辺展子は、幼い時から平凡な女性だと思って生きてきた。受験、就職、結婚等の転機をオーディションになぞらえているのだが、それは最初の100ページあたりまで。ここまでは駆け足の展開だった。その後、夫の経営するパン屋での話になって行く。やがて経営が傾き、夫の会社が倒産する。幸せな生き方を見つめた作品としては良く出来ているので、タイトルを意識しないで読んだ方が良いと思う。

2019/03/02

さっこ

人生はオーディション。いろいろな岐路で選ばれるようになりたいという気持ちが、どんどん周りから孤立していく。主人公がどんどん嫌な人になっていくのを憤りと苦しさで読みました。強く生きるということは、嫌な人にならなきゃできないのかとも思わされてしまいました。家族や友達に恵まれていた主人公が肩の荷を下ろし穏やかに変われたのは良かったです。人は誰でも間違うもの。誰でもやり直すことができる。友達の言葉に改めて気づかされました。

2019/03/09

信兵衛

人生とは長いもの。すべてオーディションだと、他人と自分を比べ、勝ち負けばかりにこだわっていたらさぞ辛いことだろうと思いました。

2019/03/04

感想・レビューをもっと見る