読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SEX

SEX

SEX

作家
LiLy
出版社
幻冬舎
発売日
2019-06-26
ISBN
9784344034730
amazonで購入する Kindle版を購入する

SEX / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

綾乃

タイトルと表紙に引かれ読了。 章のタイトルは恋愛指南書のようだが中身は、ワンナイトラブを仕掛け手の届かない存在となった女性、年下の部下に翻弄される女性上司。薬に溺れ男を求める女性。セックスレスの夫と別れられず男の優しさに甘える女性。恋人と別れ同性愛に走る欲望に忠実な5人の女性が主人公の官能短編小説。 SEXや愛撫の表現がエロくて現実的でありながら、どこか非現実的でもあるところが凄い。 帯の男子禁制!は、この本を読むと女の欲望は恋愛のスパイス、男の人には秘密にしておきたいといったところかな (*ˊ˘ˋ*)♡

2019/10/07

Miz

タイトル&表紙で手に取る。基本的にはエロ。しかも、女性目線で、サカった女を描く。割と描写も細かくて驚き。こういう女も、またここに登場するような男も実際いるんだよね。良い悪いはともかく。

2019/08/25

〇しいき〇

表紙に惹かれて読了しました。 女目線で書かれるエロにドキドキしつつ、その行為を通して変化する心情だったり男女関係だったり面白かったです。

2019/11/13

のれん

男子禁制の言葉通りの女性の赤裸々な感情が描かれる。携帯小説っぽい書き方だが、それが女性の他人との繋がっている実感を重視する(リアルでもバーチャルでも妄想でも)感覚に合っていた。男性の場合、もっと自己中心というか、性欲と直結する行動にイチイチ自分勝手に完結することが多いと思うので、男性視点的に性差というものを感じ取れた。  リアリティがあるという話でもないが、女性の官能的な理想というものが詰め込まれている。勉強になったと思います。

2019/10/30

kusawopyonkichi

最近ちょっと興味のある人と関わりのある作家さん。 官能小説だけど、どこか現実的で、でもやっぱり非現実的… トークショーがあったようだけど、いつか話を聞いてみたい方です。

2019/10/07

感想・レビューをもっと見る