読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

また明日

また明日

また明日

作家
群ようこ
出版社
幻冬舎
発売日
2019-09-19
ISBN
9784344035089
amazonで購入する Kindle版を購入する

また明日 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

う〜ん、なかなか深いお話でした。十代や二十代で読んでたら、そんなにもココロに響かなかったと思います。昭和30年に生まれた五人の幼なじみが東京五輪、アポロ11号の月面着陸、グループサウンズやちびまる子ちゃん、2000年問題や東日本大震災を経て、平成の終わりを迎え、それぞれが環境の異なる還暦を過ごし再会します。人生山あり谷あり、勝ち組負け組と色々ありますが、本作の人物達のようにトキがきて過去のことも流せるようになり、「そんなコトもあったなぁ」と軽く振り返れるようになれたらいいなと。人のつながりって大切ですね。

2019/11/06

のぶ

軽いながら、ポジティブで楽しい小説だった。登場人物は、ヤヨイ、タカユキ、ユリコ、カツオ、マスコの5人。始めから全体の4分の3は、章ごとにそれぞれの人物の人生が語られる。そして終盤の100ページ程度で、子供時代の一時期を共に過ごした同級生5人は、還暦を過ぎて再会を果たして、ミニ同窓会のようなことを開いて、それぞれの出来事を交歓しあう。こんな構成の作品だが、東京オリンピックから始まって、東日本大震災まで節目の出来事が込められているのもノスタルジーを掻き立てる。作中の欠点もあったが、気楽に読める一冊だった。

2019/11/29

よつば

「ヤヨイ」「タカユキ」「ユリコ」「カツオ」「マスコ」「再会」6話で構成された物語。時代は昭和30年から平成の終わりまで。小学校を共に過ごした5人の男女の人生模様が描かれている。ここ数年はギスギスした作品が多かったけれどこちらは昔の群さんの作品にあったほのぼのとした雰囲気が多分に感じられて気持ちの良い読書時間だった。人生にはいくつもの岐路があってその度に選択を迫られ成功したり時に失敗したり、嬉しい事・悲しい事を経験しながら大人になる。自分の小学校時代から今までの人生を共に振り返りながら読めた味わい深い作品。

2019/10/29

ゆみねこ

良かったです!我が身と同世代の5人が還暦を過ぎて再会。それぞれの人生は思い通りにならないことが多くても、「また明日」って言える仲間が居ることは素晴らしい。

2019/11/28

chimako

久しぶりの群ようこさん。楽しかった~ 年代はちょうど同じくらい。親の言うことを聞くのが当たり前の子ども時代を過ごし、女性の短大大学への進学も普通になって、腰掛けではなく働くことが出来るようになったそんな時代を生きてきた60代5人。昭和の懐かしさもバブルの浮かれ加減もあの大震災も通りすぎた50年。それぞれに順風満帆とは言いがたい時間を過ごし、同じ時間を過ごした町に戻って巡り会う。また仲良くなって旅行にも行く。還暦過ぎれば男も女もなく「幼なじみ」として付き合える。そう言うのが良い。地元の友達に会いたくなった。

2019/12/12

感想・レビューをもっと見る