読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新・おぼっちゃまくん2

新・おぼっちゃまくん2

新・おぼっちゃまくん2

作家
小林よしのり
出版社
幻冬舎
発売日
2019-10-24
ISBN
9784344035300
amazonで購入する Kindle版を購入する

新・おぼっちゃまくん2 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

「裏切りのブルース」が放つ強烈な毒の苦味。「人間だもの」をこの文脈で使うと、責任を回避する格好の言い訳になってしまう。イジメは無くならない。その原因を突き詰めると己自身無傷ではいられない。とはいえイジメを止めようとしたせいで次の標的にされる場合もあるし、社会人なら見知らぬ人を助けようとして事件に巻き込まれるケースもある。我が身の安全第一。見て見ぬ振りを全否定できる人はいない。でも「私って卑怯者なんだ」という自覚こそ状況打破の第一歩という気もする。その意識の共有から生まれる連帯で何かできる事がないだろうか。

2019/11/12

百式改(東海設営隊)

よくもまぁここまで人の業を露にできるものだと感心する。 これを続けるのは大変だろう。連載終了もむべなるかな。

2020/04/13

感想・レビューをもっと見る