読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

信長、天を堕とす

信長、天を堕とす

信長、天を堕とす

作家
木下昌輝
出版社
幻冬舎
発売日
2019-11-27
ISBN
9784344035355
amazonで購入する Kindle版を購入する

信長、天を堕とす / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

ほぅ・・悩むねぇ信長。強さとは、怖れとは、自分を信じるとはーこんな信長もあったかぁが正直なところ。勝手に信長像を結んで生きてきた私には意外というか何というか・・ではあるものの、木下さんが本能寺の変までを読ませてくれた。直近で違う光秀を読んで、今またこんな光秀が。作家って凄いです。天野作家の『信長、天が誅する』も読まねば。それにしてもやっぱり信長は面白い人物なのだなぁ。

2019/12/20

旅するランナー

桶狭間、浅井朝倉戦、長篠の戦い、比叡山焼き討ち、本能寺の変...一連の流れの中で、岩室長門守と森乱だけが信長に目指すべき道を指し示すことができる。そして、本当の強さを追い求め、恐怖心を得るために神に成り代わろうとする信長が凄まじくカッコいい。信長ファンも納得でき、明智光秀も存在感を示す、疾風怒濤の一作。

2020/01/06

starbro

木下 昌輝は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。『 恐怖』と『強さ』をテーマとした織田 信長の連作短編集、悪くはないですが、少し読み応えに欠けます。著者には長編で勝負して欲しいと考えています。次回、同時刊行 天野 純希の『信長、天が誅する』を読む予定です。

2019/12/15

buchipanda3

周りから鬼、魔王、天下人と慄かれるも自らは恐怖を持たない信長。合理的で現実主義的な印象の従来の信長像に対して、天の理や人の理、そして本当の強さの求道者という切り口で捉えようとした歴史小説。恐怖を乗り切り、本当の強さを得る。そのために数多の戦陣に苦行のごとく身を捧げる信長。だが彼が恐怖を得たのは戦と違うものだった。取り上げる題材は馴染みのあるものばかりだが、そこから独自な世界を描こうとする姿勢が著者らしい。題材縛りが無い方がもっとらしさが出せたかな。ただ、信長は語り尽くされるということがないのだと思った。

2019/12/07

ポチ

本当の強者は恐怖も知らなければならない。強さを追い求める信長の、場面場面での悩みと心の葛藤が綴られている。

2019/12/17

感想・レビューをもっと見る