読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

聡乃学習

聡乃学習

聡乃学習

作家
小林聡美
出版社
幻冬舎
発売日
2019-11-27
ISBN
9784344035379
amazonで購入する Kindle版を購入する

聡乃学習 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。小林 聡美、2作目です。著者の新しい事に対する体験記なのかと思いきや、割と日常のシリアスなエッセイでした。男女の違いはありますが、同い年なので、同感性があり、親近感が湧きます。著者は愛猫家なんですね。本書の書名は、『サト スナワチ ワザヲ ナラウ』と讀み〼(笑)

2020/01/05

シナモン

小林聡美さんの50代の日々を綴ったエッセイ。「心(頭)は昔とたいして(本当はまったく!)変わらないのに、ある時腰が痛いとか、足がおぼつかないとか、体の経年劣化を実感する」…ホントにホントに!「胃もたれ〜胃がカチカチになって休ませてもらいますと言ってる」…分かる~。普通の感覚、飾らない内容に親しみを感じました。「五十過ぎたら順不同」「いつか」に囚われすぎず、できること、したいことを楽しんでいこう。

2021/02/15

おしゃべりメガネ

久しぶりの小林聡美さんエッセイ。2014年から五年に渡る期間に綴られた内容だけに、僅か五年の間にもそれなりに時代を感じるひとコマがあります。個人的には北海道民として、小樽にあった『石原裕次郎記念館』のコトが書かれており、自分も何度も足を運んだだけにやはり閉館となったトキの言い様のない寂しさはなかなかでした。人間、当たり前ですがやはり年齢を重ねるごとに確実にカラダは老化し、ケガをしやすくなるコトを改めて痛感しました。決して対岸の火事ではなく、しっかりと自分のコトとして捉えて毎日を生活しなくてはと思います。

2021/04/11

nico

俳優・小林聡美さんが50歳からの5年の間、感じられたことを書き綴ったエッセイ。私も今年、50歳の山に到達したばかりで、当時の小林さんに共感しきり。これからいよいよ下山するに当たって気を付けなければならないこと…色々あるなー。小林さんに習って、人生の終盤に向け一人で始末できる暮らしを心がけなければ。そして最終目標は高齢者用のケア付きマンション。温泉やプレイングルーム、レストラン、介護付き…といたせりつくせりのマンションで老後を楽しく暮らしたい。そのためにも、私もせっせと筋肉つけて断捨離しよ。

2020/06/27

mint-s

俳優の小林聡美さんが好きでエッセイも面白いので時々読んでいます。この本は読友さんのレビューで知りました。小林さんがちょうど今の私と同じくらいの年齢の頃に書かれたものなので健康や断捨離のことなど共感する点も多くて余計に面白かった。「シニアになったら、やっぱり自分の心地よさが一番大事。むきだしの自分でいられる場所を大事にしていきたい」

2021/03/07

感想・レビューをもっと見る