読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄金の60代

黄金の60代

黄金の60代

作家
郷ひろみ
出版社
幻冬舎
発売日
2020-06-25
ISBN
9784344036352
amazonで購入する Kindle版を購入する

「黄金の60代」のおすすめレビュー

コロナ禍でも変わらず輝く。郷ひろみが教えてくれる“当たり前”の凄さとは?

写真提供/ソニー・ミュージックレーベルズ/ソニー・ミュージックレコーズ

 2020年10月1日のNHKホール公演より、郷ひろみのコンサートツアー「The Golden Hits」が開幕した。

 例年ならば、6月に始まり全国で50以上の公演を行うハードなツアーも、今回はコロナ禍により日程が大幅に変更されたほか、ステージの内容も当初の企画を完全にリセット。今年発売された105枚目となるシングル曲『ウォンチュー!!!』のほか、『お嫁サンバ』など誰もが知る自身のヒット曲を中心に構成するなど、ライブイベントが激減し活気を失ったエンタメ界や、オーディエンスにエールを送るかのようなコンセプトに変更したという。

 1955年生まれ。今年で65歳を迎えるのだから、世間一般の基準では完全にシニアである。それだけにテレビ番組やCM、雑誌のグラビアなどで見かける容姿や言動が、年齢をまったく感じさせないことに対し、驚異の念を抱く人も多いことだろう。

『黄金の60代』(郷ひろみ/幻冬舎)

 今年の夏に発売されたエッセイ集『黄金の60代』は、そんな郷ひろみにまつわる不思議の謎を解く…

2020/10/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

黄金の60代 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mami

若い頃から一貫してご本人は仰ってましたね「人生のピークを60代にもっていきたい」って。ブレない、意思の強さが素晴らしい。

2020/08/31

春菊

「人は人生においいて、若くない時期を長く生きる」と筆者は言う。筆者のように若い時期に一つのピークを迎えた人は若くない時期への対処を考えてしまうのだろう。一般人にとっては、若さが終わってからの方が考えが周囲に通りやすくなるし収入も増えるから、その長さを否定的に感じることは少ないと思う。ただし、一般人も60歳になると、収入・世間的評価のピークを超えるから60代からをどう生きるかは大きな問題で、筆者と共同戦線を張れることになる。筆者の禁欲的で辛抱強い生き方はとても参考になる。私も取り組んで行きたい。継続が大切。

2020/09/12

きょん

ふと気づいたら郷ひろみって息が長いな、年齢のわりにボディメイクもしっかりしてるなぁと思い、気になって読んでみた。スター郷ひろみは日々の地道な取り組みで出来ていて、普段の心がけで輝いているのだと実感。そして常に勉強、新しいことへチャレンジ、本も読み体を動かす。若いことだけに価値を置かず、60代を黄金の日々とするための努力と心構え。そして謙虚さ。

2021/03/27

nranjen

人から選ばれた20代、30代より、自分が選ぶ60代へ…!なんて前向きなメッセージなのだろう。とかく加齢がネガティヴな要素で溢れる中で、自分自身でポジティヴな要素を作り出してしまえ!というのがこの本の主題なのではないかと思う。「普通の努力」(だっけ?)をすぐやめてしまうのが普通の人で、それを続けていられるかどうかが分かれ道…みたなことが語られていたのが印象的。シンプルにこれはいいと思ったものを続けることの大事さを本人自らの外見とパフォーマンスで証明されています…

2020/07/31

ルーシィー

ひろみさんすごい。読んでてホント溜息がでる。足ゆび元気くん試してみようかな。農業時間帯という表現もいいなあ。

2021/02/09

感想・レビューをもっと見る