読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

毒島刑事最後の事件

毒島刑事最後の事件

毒島刑事最後の事件

作家
中山七里
出版社
幻冬舎
発売日
2020-07-22
ISBN
9784344036444
amazonで購入する Kindle版を購入する

毒島刑事最後の事件 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。中山七里デビュー10周年、12ヶ月連続刊行企画第7弾(現状7/12)は『毒島シリーズ』の最新作でした。 12ヶ月連続刊行企画の中では、本書が暫定MyBESTです。 https://www.gentosha.jp/article/16146/ 8月は、本書で読了です。

2020/08/31

しんたろー

「続編が出ても読まない…かな」とレビューに書いた『作家刑事毒島』の続編なので迷ったが、読んでみて正解…時系列としては毒島が刑事として現役だった頃で、1作目の前日譚になる5つの連作短編集…それぞれの事件に教唆した黒幕がいるという展開で、20年以上前のテレビドラマ『沙粧妙子・最後の事件』を彷彿させる。ブラックな笑いをまぶした批判小説的な前作よりサスペンスとして面白くなっていて、終盤のどんでん返しも著者らしい。インターネットによる匿名の闇や人間の脆弱性への皮肉を込めた社会派要素も含めて、毒島の舌鋒も鋭く感じた。

2020/10/16

いつでも母さん

毒島シリーズ。あの毒島が刑事だった頃の話。犬養が部下で何だか新鮮(笑)連作5話。事件は〈教授〉と言う一つの方向へ導くのだが、とにかく毒島の舌鋒が巧みでもはや『芸』の域。だが、それがクセになる。もうぐぅの音も出ないほどコテンパンに持ってかれるのが心地良かったりするのだ。締めの麻生の気持ちがその後の作家・毒島に繋がっていくのが中山さんに『うふふ」って感じだ。

2020/10/07

nobby

なるほど!それで毒島刑事として最後の事件な訳ね!それにしても毒島さんの追い込みが怖過ぎる…タダでも極めて善人の顔を見せ「うふ、うふふふ」と不敵な笑いを浮かべて容赦ない言葉責め、それが留まることなく延々と数時間続けられるとは…それだけ彼を本気に怒らせるのは自己承認欲求に飢えた負け組達、そして本丸は無意識に教唆した卑劣極まる輩、その名は〈教授〉。終盤にむけて最低と最悪の闘いは盛り上がるばかり!真打登場してからの強敵模様にドキドキしながら「ごっこはどこまでいってもごっこ」化けの皮を剥がしての導きもまた恐ろしや…

2020/09/13

fwhd8325

なるほど、こういう展開でしたか。前作を読んでいましたが、前日譚ですね。これはこれで面白いと思いました。それにしても次から次へ新しい登場人物が登場して、混乱する以前の問題だと思います。

2021/03/20

感想・レビューをもっと見る