読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件

作家
七尾与史
出版社
幻冬舎
発売日
2020-11-26
ISBN
9784344037106
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

七尾 与史は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。ドS刑事シリーズを読み続けています。待望のドS刑事シリーズ第七弾の新作長編、著者版ハンニバル・レクター、今回は黒井マヤが結構まともに捜査していました。 https://www.gentosha.co.jp/book/b13384.html

2021/01/05

かの有名なシリアルキラー、ゾディアックが登場した今作だけど、若干おとなしめ。新キャラが今後どうなるのか?破茶滅茶に期待

2021/02/23

さっこ

シリーズ第7弾。今作は実際にアメリカであったゾディアック殺人事件を絡めた、劇場型犯罪にマヤも巻き込まれていく。いつもよりマヤの毒が薄めだったかな。収監中の杏野雲というシリアルキラーの力を借りながら犯人へ挑む。杏野雲は今後も仲間としてシリーズが続いていくのかな。

2020/12/18

o.c.beats

シリーズ7作目。ゾディアックに精神を支配された連続殺人鬼を追う物語。非現実要素が絡んできたり新キャラも登場したり。これらの展開代官山、浜田といった既存キャラが薄めだったかな。マヤはある事情で超有名になってしまったけど(笑)ライトに読めるミステリーの作風は今回も変わらず。今後はゾディアック絡みの展開で続いていくのかな。

2021/04/30

白雪ちょこ

今回は、新キャラクター杏野雲も登場し、 マヤちゃんをめぐる恋愛模様にも、進展が起こった。 1巻から比べると、かなり死体の描写はナチュラルで、グロテスクさが全くない為、あまり顔をしかめずに読むこともできた。 今の時代らしく、ネット配信を使った殺戮ゲーム。 伝説のシリアルキラー、ゾディアックなど、様々な未解決事件を取り扱ったヒントなども描かれていたため、ミステリー小説の中では非常に面白いと言える作品だった。 しかし、代官様も早くマヤちゃんに本当の思いを伝えればいいのにと、ヤキモキしてしまう部分もある。

2022/01/12

感想・レビューをもっと見る