読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コロナの暗号 人間はどこまで生存可能か?

コロナの暗号 人間はどこまで生存可能か?

コロナの暗号 人間はどこまで生存可能か?

作家
村上和雄
出版社
幻冬舎
発売日
2021-07-07
ISBN
9784344038165
amazonで購入する Kindle版を購入する

コロナの暗号 人間はどこまで生存可能か? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あまね

村上先生のご遺言のような本でした。題名に『コロナ』が入っていますが、今までの先生の本の総まとめのように思います。ポストコロナの時代、『新しい価値観』『新しい生き方』と言われても、磁石をなくした小舟のような気持ちで毎日を送っていました。けれど、こちらの本で指針となるヒントをもらえた気がします。感謝申し上げます。

2021/07/21

keitakenny

本当に神を信じているのは、科学者であると再認識 子供の頃の道徳の授業的な感じ 「古き良き日本人の心を再び」ということか 海外への憧れやマスコミの煽りで見失った大和魂を取り戻すことは難しいのでは 科学的な事を期待していたので、見事に肩透かしをくらう 宗教的な雰囲気を感じたところは、少し拒絶したが齢を重ねると納得する様になるのか? 最近の若者は…とボヤかないよう気をつける

2021/10/27

nats

知人に借りた。コロナに関する本かと思ったけど、ちょっと違った。利他的遺伝子。コロナ禍もそうだし、最近増えている、ジョーカー的事件とか、自分のことしか考えられてない行動が多いと思ってて。こんな考えの人が増えていったらいいのに、と思う。 あと、漠然とだけど、サムシンググレートの存在を感じて生きているな、と思った。

2022/01/16

感想・レビューをもっと見る