読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

母との食卓 まあいいか3

母との食卓 まあいいか3

母との食卓 まあいいか3

作家
大竹しのぶ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-10-27
ISBN
9784344038202
amazonで購入する

母との食卓 まあいいか3 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

青木 蓮友

憑依タイプの近寄りがたい大女優という印象だった大竹しのぶさん。なんか前衛的で難しい人なのかなと思っていたら全然ちがって勝手にびっくりしてしまいました、素敵、好き。まっすぐに天然でした。ちょうどわたしも母を亡くしたばかりなので、しのぶさんの心情の波に心地よく乗りつつ、しみじみ読み進めました。一緒に頷いたり、少し先を予習したり、ふと思い出したり。いいですねホント読書って、手を握ってもらったみたいな温もり。ひとつ身体が緩まりました。そして「あの方」の話題がわりと出てきてほっこり、とびっきりの笑顔がたまりません。

2022/01/11

Go Extreme

時々チクリと胸を刺す「後悔」という感情 深夜突然、心臓がバクバクと脈打つ 「ピアフ」で起きた自分の中の革命 47年ぶりの恩師との再会、恩師の言葉 母の全てを想いながら 勿体ないは、ややこしい 駅で会った93歳の夫人から学んだこと そうだ、セーターを編もう 開演前から大興奮!?クイーン日本公演 命の煌めき見せる場所・歌舞伎座 何が起こっているのか。志村けんさんの知らせ 長引く自粛生活に思うこと 遠くからもわかる幸せな姿 息子ならではの死生観 杉村春子先生からのバトン 美しき天才2人にブラボー

2021/11/21

感想・レビューをもっと見る