読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子のない夫婦とネコ

子のない夫婦とネコ

子のない夫婦とネコ

作家
群ようこ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-09-16
ISBN
9784344038448
amazonで購入する Kindle版を購入する

子のない夫婦とネコ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よつば

「子のない夫婦とネコ」「男やもめとイヌ」「中年姉妹とネコ」「老母と五匹のおネコさま」「歳の差夫婦とイヌとネコ」5話収録の短編集。子どもがいない夫婦、熟年離婚を経て犬と暮らす男性、両親の死後、古い家で暮らす姉妹、15歳年上の夫が亡き後、五匹の猫と暮らす70歳の女性、18歳年下の夫と仲睦まじく暮らす66歳の女性、家族構成が異なる五家族の、イヌやネコと共に暮らす日常が、ほのぼのタッチで描かれる。ドラマチックな出来事が起こるわけでもなく、ひたすらイヌとネコの愛らしい描写が続く。へそ天状態で眠る姿を想像し頬が緩む。

2021/09/27

花ママ

ネコや犬をこよなく愛する人たちが主人公の5編からなる短編集。私はタイトルにもなっている「子のない風物詩とネコ」がよかった。いずれの人たちもいろんなことで、ちょっとつまづいたりしているけれど、それらをネコや犬によって癒やされ、家族同様、いえそれ以上の存在になっていました。なんともうらやましくほほえましい話が続きました。

2021/10/23

もぺっと

猫好きな群さんらしい物語の数々。どの家もペットがいれば、それだけいろんな物語があるんだなあと実感。猫の行動や仕草などの描写は、さすが群さん。動物好きにはたまらない話だけど、責任をもって飼うことや、費用のことも大事だとよくわかる。どの話もよかった。

2021/10/19

K1

中高年家庭におけるさまざまな事情からのイヌ、ネコまみれな生活が綴られている短編集ー飼ったからには最後まで面倒をみてくれそうなお家ばかりで、安心して読めました。

2021/10/10

雲母

犬猫に関わる人々を描いた短編5作。どの作品も犬猫愛に溢れていて笑顔で読む終えました。表題の「子のない夫婦とネコ」では結婚後39年ネコを飼った夫婦の話しで長い年月の間、何匹か看取った場面は思わずホロリとしてしまった。熟年離婚後一人暮らしとなった男性が迷い犬を飼うことになり、犬と暮らす内に元妻、息子に自分があまり寄り添っていなかった事に気づく。60歳過ぎの姉妹が2匹の猫を飼い始め、冷え込んできた姉妹仲が改善されて行く様子など心休まる物語ばかりであっという間に読み終えていました。

2021/10/08

感想・レビューをもっと見る