読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一睡の夢 家康と淀殿

一睡の夢 家康と淀殿

一睡の夢 家康と淀殿

作家
伊東潤
出版社
幻冬舎
発売日
2022-12-14
ISBN
9784344040618
amazonで購入する Kindle版を購入する

一睡の夢 家康と淀殿 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

伊東 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 書き古されたテーマではありますが、野望と苦悩、人間 徳川 家康を見事に描き切っています。安部龍太郎が描いたような家康&淀殿のロマンスはありませんでした。伊東 潤のMyBEST、本書で次回の直木賞受賞でも良いかも知れません。 https://www.gentosha.co.jp/book/b14755.html

2023/01/13

とん大西

滅びゆく栄華と来るべき安寧。関ヶ原から更に収束した時代の分岐点…大坂の陣。戦乱を掻い潜ってきた家康の人生も運命に翻弄された茶々の人生も全ては一睡の夢の如くか。…いやぁ、いい。人物像に奥行きが感じられます。家康はタヌキ親父でもなく、茶々は浅はかなわけでもない。きわめて常人であり、我が子を愛する普通の親であった彼ら。その葛藤や慈愛は等しい。違っていたこと、それは、一方は静謐の為に滅ぼす側であり、もう一方は誇りの為に散る側であったこと。家康、茶々。彼らの心の起伏が人間ドラマを生み出す。伊東先生、流石の筆致です。

2023/01/30

hiace9000

乱世に生まれ乱世を生きた家康と茶々。共に己が果てた先に描く未来とは…。それを極論すれば、生々しいまでの利己と我欲。虚飾無きリアリティさでそれぞれの登場人物達を描ききる伊東筆は、さすがこれまで幾多の偉人伝を綴ってきただけに峻烈。家康の卓越した策士ぶりとは裏腹の、凡庸な自己へのコンプレックス。茶々の気と機を読む鋭敏な感性を裏支えする、陶酔的なまでの"誇り"への執着。偉人然たる描きとは対極の、二人の「親として」のありのままを細密に積み上げて物語とした大作。家康大河の今年、大河はこの解釈に太刀打ちできるだろうか。

2023/02/03

のぶ

新たな家康像を見たような気がする。大坂の陣に至るまでを描いた作品だが、本作では老齢に差し掛かった家康と、死地に陥った淀殿がそれぞれの死の先に見出そうとした希望を描く物語。家康は二代将軍である息子・秀忠を揺るぎない天下人にするための体制づくりを急いでいた。一方の淀殿は愛息・秀頼の復権に固執していたのか?また家康は本当に豊臣家を滅ぼしたかったのか?攻守それぞれの思惑が交錯するストーリー展開に、史実として知っていたはずの歴史に新鮮さを感じた。いかにも伊東さんらしい発想に基づくロマンを堪能出来て良かった。

2023/01/01

えみ

その心はどんな景色を見たのだろう。希望、絶望、夢現…燃え堕ちる城、命の駆け引き、嘘と真の探り合い。一睡の夢ほど脆く儚いものはない。確かなものなど何もなく、不確かなものなら腐るほど見てきた。そんな2人の生き様が描かれた一冊。老いてなおその存在を絶対のものとすべく智略縦横画策する徳川家康と、誇りの他に守るべきものなどあろうはずがないと迷いを捨てる淀殿。戦国の乱世、敗者がどのような仕打ちを受けるか痛いほど近くで見てきた2人。激しくぶつかり合う命と意地!戦という業火に身を晒して生き抜いてきた彼らの譲れぬものとは。

2023/01/17

感想・レビューをもっと見る