読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ささらさや (幻冬舎文庫)

ささらさや (幻冬舎文庫)

ささらさや (幻冬舎文庫)

作家
加納朋子
出版社
幻冬舎
発売日
2004-04-01
ISBN
9784344405042
amazonで購入する Kindle版を購入する

ささらさや (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さてさて

八つの短編が身近なミステリーと共に描かれる連作短編の形式を取るこの作品。『ささや さら…』。『すごく懐かしくて哀しくて、そしてとても大切な音』。そんな音が聞こえてくるその瞬間を読者が目にする奇跡の物語。短編それぞれに身近なミステリーをアクセントに織り交ぜながら展開するその物語は、主人公であるサヤが、力強く、たくましく、そしてしたたかに生きていくための力を得ていく姿を見る物語でもありました。その音が『世界一哀しくて、懐かしい』と感じるその結末に、まばゆい光差す世界を遠くに垣間見た、そんな優しい作品でした。

2021/04/19

ダイ@2019.11.2~一時休止

ささらその1。事故で亡くなった主人がゴーストとなり陰ながら主人公を支えていく。図書館に予約している次作以降も楽しみだ。

2015/01/03

しんたろー

読み逃していた加納さんの初期作品。評判高く映像化もされたのでハードルが上がっていたが「うん!加納さんらしい」と納得…ファンタジーをベースに人情+ちょっとミステリで安心して読めた。主人公・さやが泣き虫なのが好きではないが、それゆえに死んだ亭主や周囲が世話を焼くのだから仕方ない設定だし、さやの成長物語とも言える。三人の婆さんとエリカという脇役たちがイイ味だしているのと、暗くなりがちな話を優しい文章とユーモアを交えて「癒し」になっているのも筆者の真骨頂だろう。シリーズになっているので次作も「癒し」を求めたい♬

2019/11/04

射手座の天使あきちゃん

ここまで純真で、儚げで、「たおやか」な未亡人(表現古いかな (笑))はいないっしょ!? てか、いたら赤ちゃんの人生波乱万丈でしょ!(笑) 三婆とエリカママの脇役キャラがいい味でしたね 「馬鹿っサヤ」の一言が微妙に引っかかるのは関西の血が入ってるからかな? <(^_^;

2011/09/02

ショースケ

ほっこり、ゆったりの気分になる。家族愛に幸薄いサヤ。結婚し、赤ん坊が生まれたばかりで旦那まで目の前で事故で亡くす。相手方に息子をとられまいと佐々良という田舎に引越し、時々旦那が現れ助けられる…気弱で泣き虫だったサヤが子供の成長とともに強くなっていく。また遠慮のない三人の老女たちも物語のいいアレンジになっている。読んでいて含み笑いをしそうなあったかいお話だ。

2021/02/12

感想・レビューをもっと見る