読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

結婚貧乏 (幻冬舎文庫)

結婚貧乏 (幻冬舎文庫)

結婚貧乏 (幻冬舎文庫)

作家
平安寿子
春口裕子
三浦しをん
内藤みか
宇佐美游
出版社
幻冬舎
発売日
0000-00-00
ISBN
9784344406674
amazonで購入する

結婚貧乏 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りゅう☆

野球選手夫を懸命に支えることに生き甲斐と自己満足がもたらした結末は安易に予想。/優しい夫で経済的にも恵まれてるがセックス貧乏か、ガサツな夫に貧相な暮らしの生活貧乏とどちらがいいのか?どっちもイヤだけど。/節約しすぎてやっと見つけた結婚相手に逃げられたけど持つべき者は友!/自分の価値に疑問を持った主婦とマンション購入の独身男性はその後どうなったんだろうと中途半端。/クズ男が化けるのか、不倫相手の離婚を待つのとどちらの番が先か?/気の毒な男性から好意を寄せられるも容姿も地位も財産も満足な人と結婚したのに→

2017/10/27

団塊シニア

春口裕子「オーダーメイドウエディング」三浦しをん「森を歩く」森福都「グッドマリアージュ」この3作品が物語の展開に意外性があり印象に残りました。

2014/09/22

siro

結婚貧乏。結婚は幸せなゴールとは思わないし、むしろここからが人生の重要な分岐点だとは思いますが、貧乏って(笑)結婚によって諦めなくてはいけなかったこと、この道で良かったのかと頭に過る不安がないとも言えないけど…そんなに悪いものじゃないよね。全体的に後悔とか虚しさが漂う作品の中で三浦しをんさんの作品はほっとさせられた。金銭的なことではなく気持ちが貧乏になってしまう主人公が多かった。私自身は人生の終わりに色々とあったけどやっぱり幸せだったなぁと思える生き方をしたい。

2015/04/10

真澄

三浦しをん氏目的。結婚により金銭的な貧乏か精神的な貧乏となるか。一作品一作品は面白いと思うが本を閉じたら内容を忘れてしまうようなアンソロジー。

2019/12/07

なお

答えがないのが結婚生活、日々の幸せをどうとらえるかの短編小説だと思います。

2016/03/23

感想・レビューをもっと見る