読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)

ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)

ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)

作家
向山貴彦
出版社
幻冬舎
発売日
2011-10-12
ISBN
9784344417557
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會

一巻はページ数も少なめでザーッと読んでしまったけれど、二巻は少し厚めだったので最初から味わって読みました。……なんだこれ、面白い!!狂気と紙一重の日常が表面上何もないのに、ふとした瞬間剥き出しになる。まるで、包帯を解いたその下にある傷の様な、生々しさと痛みを伴って。手を振る母親の姿に、いつ何を失うかわからない状況、ぼろぼろになっても必死で向き合おうとする永児と、護られながら守ろうと必死の喜多見。最後の方はぶわーっとこみあげる何かがありました。切なくて胸が痛くて、半年後の続きを待っていられません。

2012/04/13

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

殺し合いの連鎖の中で好きな女の子を守るという目的と、その為には人を殺していくという通常の人間では精勤的に壊れるしかない状況の中、追い打ちをかけて家族が…どれだけ主人公達を追い込むんだと思っていたら、二巻の最期に更に…もう、すぐに三巻読むしかないですよね

2013/01/31

つっきー

★★★★ 1巻に引き続き…謎なことばかりなのに、それが全く説明されない。なのに続きが気になってページを捲る手を止めることができない!設定から掛け合いがもろ好みのドストライク過ぎる。前巻では会長がものすごく気になったけど、この巻を読んでからは断然阿坂派に。前巻と比べると喜多見もちょっとずつ強くなってきているのに、永児は相変わらず不幸のどん底でちょっと可哀そう。けど、奥に持っているものが得体が知れなくて怖い。。。これから先もますます目が離せなくなってきそう。

2013/03/02

白クマ

くっそー!いいとこで終わりやがって(笑)今回は、前作以上に血なまぐさい…永児の覚醒、喜多見の優しさ、阿坂の過去、会長の陰謀。会についても謎ばかりです…

2013/09/10

のほほん@灯れ松明の火

切ない…、寂しい…。父親に続き姉までも失くし、母親まで壊れつつある永児の抱えているものが、苦し過ぎます。1巻から引続き、分からないことだらけの中で、永児が喜多見のことをとってもとっても大事にしていることだけはズンズン伝わってきます。阿坂君が優しくて強いということも。血生臭いシーンは苦手なのに、切な過ぎて読んでて苦しくなるのに、途中で止めることができませんでした。永児が無事でホッとしたのも束の間、あんなラスト。 こんなところで終わるなんて…。とにかく直ぐに続きを読みます。

2013/05/14

感想・レビューをもっと見る