読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニセ坊っちゃん (幻冬舎文庫)

ニセ坊っちゃん (幻冬舎文庫)

ニセ坊っちゃん (幻冬舎文庫)

作家
東貴博
出版社
幻冬舎
発売日
2011-12-06
ISBN
9784344417724
amazonで購入する Kindle版を購入する

ニセ坊っちゃん (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tom Ham

読了。ブックオフで購入。素直に面白く読めた。東MAXの幼少期の話だけど、東MAXの「パパ」の東八郎がホント好きだったんだぁと行間からにじみ出ている感じがいい。

2013/12/28

綾音@春眠暁覚

実は私、この本を読むまで東MAXのお父さんが東八郎ってことを知りませんでした(笑)東MAXはわりと好きなので、読んでみた次第です。“頭が良くないとバカは演じられない”というくだりに、なるほどと感心しました。

2013/05/29

anken99

東MAXこと、東貴博の著作。父である東八郎との幼少期の交流が描かれる。浅草芸人たる八郎が家族を心から愛する素晴らしい人物だったことが分かる。MAX少年がマヨネーズを電車にかけるというイタズラで警察の厄介になったときの言葉、「マヨネーズは電車じゃなくて、サラダにかけるもんだろっ!」…そんな言葉を心から発して怒れる八郎は、やはり天才。巻末のあとがきは、岡山生まれの「ニセ浅草キッド」の水道橋博士。二度読み返したくなるほど秀逸であり、リアル浅草キッドである東MAXへの羨望と憧れが伝わってきた。殿堂入り決定。

2013/02/14

感想・レビューをもっと見る