読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)

ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)

ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)

作家
向山貴彦
出版社
幻冬舎
発売日
2012-10-10
ISBN
9784344419384
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

ここまで来て物語を貫く謎は未だ謎のまま。そして、一学期終了。大長編は好きなので、二学期を楽しみに待つ事にするけど、二学期の前に夏休み編とかあったりして…一学期丸々かけて、舞台設定を整えて真の謎はこれからということなのでしょうか。なんにせよ、楽しみですね。

2013/02/03

roomy

面白かったです。ハラハラし続けてちょっとぐったりしましたが。まだわからないこともたくさんあるので続きが楽しみです。親子喧嘩はよくないと思うけどね。笑

2013/12/01

Romi@いつも心に太陽を!

一学期終了ということで結構な読みごたえでした。社も院も塾も集結で駒が闘いまくる、殺るか殺られるか無慈悲な展開に置いてかれそうになります。五倉山のクラスメイトも、塾の駒たちも同年代の子供たちなのに、その隔たりの大きさ、残酷さが悲しい。謎に近づいたかと思えばまだまだ先は長い。白髪鬼が意外とお気に入りです。霊柩車で登場とか凄い演出w スタジオエトセトラのHPも公式Twitterも充実しているので要チェックです!次は二学期開始でどんな展開になるやら。。半年後にまた読めることを祈ります!

2012/10/16

スケキヨ

四巻が出ていることを最近知って慌てて借りました。表紙は会長さん、貴方ですか!物語は死闘に次ぐ死闘で心休まる時がありませんでした。今まで切られて終わりだった『駒』たちの表情が今巻はよく見えて感情移入がしやすかったのですが、その分退場していく『駒』たちが寂しかったですね。特に日本刀の彼とか敵~見方~別れだったのでよりいっそう。やっと「一学期」が終わりましたがなんて死闘な日常なんでしょう。そして今まで出ていた人物たちが今後どう絡み合っていくのかがとても楽しみです。

2013/03/01

のほほん@灯れ松明の火

新しく分かったこともありましたが、やっぱり謎のまま…というかむしろ、謎が深まった様な1学期 完結編でした。永児が何故あんなにも強いのか? 阿坂君の過去だって気になります。会長はヅカさんを護ってたわけではなく、最終的にはどうするつもりなんでしょう? 梟ってなに? 塾の子も院の子も、たくさん死んでしまいました。こんなにも殺し合わなければならない理由って一体なんなんでしょう。 哀しくて切なくて、喜多見ちゃんが強くならなければ!と奮い立ってる姿だけが救いでした。とにかく続きがきになります!早く2学期を!!

2013/05/16

感想・レビューをもっと見る